MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『ソーシャル・ネットワーク』 Facebook 社会論―ビジネスから革命まで

『ソーシャル・ネットワーク』発売記念
メディア学者 ジョン・キム氏とFacebook 研究家 熊坂仁美氏 対談イベント
「Facebook 社会論―ビジネスから革命まで」オフィシャルレポート
アカデミー賞3部門、ゴールデン・グローブ賞主要4部門受賞など世界の各映画賞を受賞し話題となった『ソーシャル・ネットワーク』が5月25日(水)ブルーレイ&DVDリリースされました。
発売を記念し、慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科准教授のジョン・キム氏とFacebook 研究家の第一人者であるソーシャルメディア研究所代表の熊坂仁美氏による対談トークショーイベント「Facebook 社会論―ビジネスから革命まで」を慶応大学三田キャンパス北館ホールで開催しました。


慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科准教授のジョン・キム氏とFacebook 研究家の第一人者であるソーシャルメディア研究所代表の熊坂仁美氏による「Facebook 社会論―ビジネスから革命まで」トークショーが5月31 日(火) 慶応大学三田キャンパス北館ホールにて行われた。会場には、このイベントを心待ちにしていた学生や、Facebook 活用に興味のあるビジネスパーソン約200名が大集結した。
熊坂仁美氏はFacebookについて、「現在、全世界のユーザーが77億を超えています。ちょうど映画のワンシーンの中で、100万人突破を喜ぶシーンがあるが、あれが2003年くらい。たった8年で700倍になっているソーシャルメディアですね。そもそも実名公開がすごい。」と説明。ジョン・キム氏の、「日本では匿名文化でちょっと難しいのでは」との質問に、熊坂仁美氏は「確かに日本では実名登録は抵抗がありますよね。ただ、実際に使ってみるとビジネスにおいても、実名のメリットを感じました。」と答えた。
ジョン・キム氏と熊坂仁美氏は日本における企業のFacebook導入成功事例のポイントは、いかにファンからの投稿が多いか。どれだけのファンが参加するスキームが作れるかだと、発売になる書籍「Facebook を集客に使う本」の解説を交え説明した。
また、“Facebook”を創設した若き天才の素顔を描いた映画『ソーシャル・ネットワーク』の感想を尋ねられ、ジョン・キム氏は、「飛行機の中でみて、次にDVDでみたのですが、1回目、2回目と見るたびに、深く読み取ることができる映画。なにより全体のスピード感が早く、Facebookの広まりのスピード感を感じた。ザッカーバーグの常識が一般人とずれているところ。特に彼女との会話のシーンがお気に入り。」と答え、熊坂仁美氏は、「たまたまのアイディアを育て、大きくしたのが面白い。Facebookがここまで大きくなった理由が詰まっている。後は、個人的にジャスティンがカッコよくてお勧めです。」と答えた。
『ソーシャル・ネットワーク』ブルーレイ&DVDは、現在好評発売中。
●登壇者プロフィール
・ジョン・キム
慶應義塾大学大学院政策・メディア研究科准教授
韓国生まれ。日本の中央大学に国費留学。米国インディアナ大学博士課程修了。
英国オックスフォード大学上席研究員、米国インディアナ大学講師、ドイツ連邦国防大学上席研究員、日本知的財産研究所招聘研究員、欧州連合標準化戦略専門委員。
2004年から慶應義塾大学准教授。今年3 月までハーバード大学インターネット社会研究所で在外研究。
フジテレビ「BSプライムニュース」ブレインキャスター。内閣官房、経済産業省、総務省、文化庁等の政府委員会の民間委員歴任。韓国Naver 社諮問委員。情報通信学会理事、コンテンツ学会事務局長。
近著に『逆パノプティコン社会の到来』(ディスカヴァー・トゥエンティワン)
・熊坂仁美(くまさか・ひとみ)
株式会社ソーシャルメディア研究所代表取締役。
Facebook を始めとしたソーシャルメディアのビジネス活用の実践研究家。定期的に渡米し、最新のソーシャルメディア動向をチェックしている。企業のソーシャルメディア導入および運営のコンサルティングを行う傍ら、ソーシャルメディアのビジネス活用についての企業研修や講演を全国で行っている。
独自理論「好感アクセス収益モデル」と海外事例の研究をまとめた『Facebook をビジネスに使う本』(ダイヤモンド社)は、Facebook、Twitter、YouTube での口コミにより発売前からアマゾン部門一位を取り、ベストセラーとなる。
→『ソーシャル・ネットワーク』の記事を探す