MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『ホームランが聞こえた夏』邦題、初日決定

邦題・初日決定のお知らせ
『ホームランが聞こえた夏』
2011年1月に韓国にて公開、初登場1位を記録したCJ Entertainment Japan配給『グローブ(原題)』の邦題が『ホームランが聞こえた夏』に決定し、8月27日(土)よりシネマート新宿、銀座シネパトスほかにて全国公開する運びとなりました。
実在する聴覚障害者学校野球部の実話に基づいて作られた本作『ホームランが聞こえた夏』は、音を失った元天才ピッチャーの高校生と選手生命の危機にあるプロ野球スターが、聴覚障害者の野球チームに出会い、仲間との絆を深めながら奇跡を起こす、この夏一番熱い青春映画です。


監督は『シルミド/SILMIDO』(2004)、『黒く濁る村』(2010)などを手掛けた韓国映画界の名手カン・ウソク。今最も注目を集める若手実力派俳優チャン・ギボムや、ベビーフェイスで人気のキム・ヘソン、また日本でも人気を博し、韓国でリメイクされた「ドラゴン桜<韓国版>」に出演しているイ・ヒョヌなど期待の若手俳優、そして韓国を代表する演技派俳優チョン・ジェヨンが野球に情熱を掛ける熱い男たちを見事に演じ切っています。
●ストーリー
中学時代、天才ピッチャーと称されながら、試合中に突然聴覚を失ったミョンジェは、聴覚障害者学校へ転校、二度と野球はしないと誓う。その高校にも野球部はあったが、部員はわずか10人、ハンディもあって中学生と同レベルの弱小チームだった。
ある日、暴行事件を起こして謹慎処分になった国民的スター投手キム・サンナムが野球部のコーチとしてやってくる。初めは嫌がりながらも、チームを厳しく指導するサンナム。その姿を見つめるミョンジェに、サンナムは「一緒に野球をやろう」と筆談で説得する。
母親に反対されながら、ミョンジェはもう一度マウンドに立つ事を決意、「自分ひとりの力で勝てる」と強豪校との試合に臨むが、結果は大敗。チームプレイの大切さを学んだ選手たちは、本気で「勝ちたい」と願い、厳しい練習に耐え、サインプレイを身につけようと夜中も特訓を重ねていた。そしてついに全国大会で強豪校と再戦する日がやってくる。
「全国大会で悲願の1勝」を目指す彼らに果たして奇跡は起きるのか…?
原題:『グローブ』
監督: カン・ウソク『シルミド』、『黒く濁る村』
出演: チョン・ジェヨン『トンマッコルへようこそ』、ユソン『黒く濁る村』、チャン・ギボム、キム・ヘソン『戦火の中へ』、イ・ヒョヌ「ドラゴン桜<韓国版>」
2011年/韓国/144分/カラー/スコープサイズ
配給:CJ Entertainment Japan
『ホームランが聞こえた夏』
8月27日(土)シネマート新宿、銀座シネパトスほか全国ロードショー!
→『ホームランが聞こえた夏』の記事を探す