MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

バットマン三部作最終章『ザ・ダークナイト・ライジズ(原題)』製作開始

クリストファー・ノーラン指揮の下、オールスターキャストと共に3大陸に渡り撮影
『ザ・ダークナイト・ライジズ(原題)』製作開始
ワーナー・ブラザース・ピクチャーズとレジェンダリー・ピクチャーズが贈る『ザ・ダークナイト・ライジズ(原題)』の製作が本格的に開始された。本作はクリストファー・ノーラン監督によるバットマン三部作の壮大な結末を飾る最終章である。


国際的なオールスターキャストを率いるのはアカデミー賞受賞を誇るクリスチャン・ベール(『ザ・ファイター』)で、再びブルース・ウェインとバットマンの二役を演じる。
本作にはセリーナ・カイル役をアン・ハサウェイ、ベインをトム・ハーディ、ミランダ・テート役にアカデミー賞受賞を誇るマリオン・コティヤール、そしてジョン・ブレイクの役をジョセフ・ゴードン=レビットが演じる。
その他メインキャストにはアルフレッドにアカデミー賞受賞を果たしたマイケル・ケイン(『サイダーハウス・ルール』)、ゴードン警部としてゲイリー・オールドマン、そしてアカデミー賞受賞を誇るモーガン・フリーマン(『ミリオンダラー・ベイビー』)がルシアス・フォックスとして再び蘇る。
『ザ・ダークナイト・ライジズ(原題)』の指揮を取るにあたり、クリストファー・ノーランは『ダークナイト』で使用したIMAXカメラの台数を今回さらに増やしている。過去、大規模な長編映画が部分的にIMAXカメラで撮影されたのは『ダークナイト』が初めてとなる。その効果には目覚ましいものがあり、監督は本作での特大カメラの使用を拡大することにした。
デビッド・S・ゴイヤーとクリストファー・ノーランが手掛けたストーリーを基にノーラン自身がジョナサン・ノーランと共同で脚本を担当。以前『バットマン・ビギンズ』、そして記録破りの大ヒット作『ダークナイト』で手を組んだエマ・トーマス、チャールズ・ローブンと共にクリストファー・ノーランが製作を手掛ける。ベンジャミン・メルニカー、マイケル・E・ウスラン、ケビン・デ・ラ・ノイが製作総指揮を担当。またトーマス・タルがジョーダン・ゴールドバーグと共に共同プロデューサーを務める。『ダークナイト』はDCコミックが出版するコミックブックに登場するキャラクターが基になっており、バットマンはボブ・ケインによって創造された。
ノーラン監督は本作『ザ・ダークナイト・ライジズ(原題)』において、『ダークナイト』で手を組んだ協力者達と再結集する。クリエイティブチームには、ノーラン監督による『インセプション』でアカデミー賞撮影賞を受賞した撮影監督のワリー・フィスター、美術のネイサン・クロウリー、編集にリー・スミス、そしてアカデミー賞受賞を誇る衣装のリンディ・へミング(『Topsy-Turvy(原題)』)が担当。また、『インセプション』で視覚効果の監督を務め、アカデミー賞を受賞したポール・フランクリンとクリス・コーブルドが再び本作の視覚効果、特殊効果の監督をそれぞれ務める。音楽はアカデミー賞受賞を果たしたハンス・ジマー(『ライオン・キング』)が担当。
『ザ・ダークナイト・ライジズ(原題)』の撮影はピッツバーグ、ニューヨーク、ロサンゼルスの都市を含むアメリカ、インド、イギリス、そしてスコットランドの3大陸に渡り行われる。
『ザ・ダークナイト・ライジズ(原題)』はレジェンダリー・ピクチャーズと提携でワーナー・ブラザース・ピクチャーズが提供。2012年、7月20日に全米公開予定。この作品はワーナー・ブラザース・エンターテイメント・カンパニーのワーナー・ブラザース・ピクチャーズにより世界配給される。日本公開は2012年の夏を予定。