MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

世界記録更新へ! 劇場版ポケモン5年連続の前売券200万枚突破ペース!

新シリーズのポケモンが時代を切り拓く!!
7月16日(土)公開
『劇場版ポケットモンスター ベストウイッシュ』
「ビクティニと黒き英雄 ゼクロム」「ビクティニと白き英雄 レシラム」
邦画アニメ史上初の2作品同日公開となる今年のピカチュウ・ザ・ムービー・デュアル(「劇場版ポケットモンスター」シリーズ)は、特別前売券の販売枚数が世界記録を更新するペースで推移しております!!


2007年公開の「ディアルガVS(たい)パルキアVS(たい)ダークライ」から、2010年の公開作「幻影の覇者 ゾロアーク」まで4年連続で特別前売券の販売枚数が200万枚を突破している劇場版ポケットモンスター。他の映画作品の追随を許さない記録を打ち立てているピカチュウ・ザ・ムービーですが、さらに今年の新作では、邦画アニメ史上2作品同日公開の超話題作ということもあり、劇場を始め全国のセブンイレブンやイオン等で発売中の特別前売券が驚異的に売り上げを伸ばしています!
5月15日現在の売上枚数を過去200万枚を突破した年と比較をすると、2010年比では128%、2009年比では122%の売れ行きとなっており、前人未到の5年連続となる200万枚の売り上げを突破する勢いです。さらに劇場前売券の販売枚数は、ギネス世界記録を打ち立てた2008年を上回るペースで推移を続けており、2作品同日公開の今年は、<200万枚突破!>&<世界記録更新!>のダブル記録達成も視野に入っております!
また今年の劇場版ポケットモンスターは完全新シリーズに生まれ変わり、動員・興行収入にも期待がかかる作品です。売上げ枚数5年連続200万枚突破という、どの作品も成し得ていない道を進むポケットモンスター。新たなステージに突入する2011年は、ポケモン映画から目が離せません!!
公開年 タイトル 動員 興収 前売券販売枚数
2007年 ディアルガVS(たい)パルキアVS(たい)ダークライ 480万人 50.2億 215万枚
2008年 ギラティナと氷空(そら)の花束 シェイミ 466万人 48億 238万枚(※ギネス世界記録)
2009年 アルセウス 超克の時空へ 454万人 46.7億 224万枚
2010年 幻影の覇者 ゾロアーク 400万人 41.6億 211万枚
2011年 ビクティニと黒き英雄 ゼクロム、ビクティニと白き英雄 レシラム ? ? ?
●作品解説
夏はポケモン!
毎年、日本中を勇気と感動で包み込む、ピカチュウ・ザ・ムービー。
今年は「ベストウイッシュ」第一弾をデュアル(2作品)で公開!
物語の舞台はイッシュ地方。ツタージャ、ポカブ、ミジュマルをはじめ、新たなポケモンや仲間が、サトシやピカチュウと冒険の旅に出る。しかも、今年の映画は何とデュアル(2作品)。伝説と呼ばれしポケモン、ゼクロムとレシラムそれぞれを中心にしたストーリーが展開される。物語のカギをにぎるビクティニに導かれ、キミが開くのは、理想の扉か? 真実の扉か?
●ストーリー
イッシュ地方を旅するサトシとピカチュウ、アイリス、デントたちは、「大地の剣」と呼ばれる城を中心に広がる街、アイントオークにやってきた。この街はかつて、「大地の民の王国」として栄えていたが、現在は衰退してしまっていた。
サトシたちは、アイントオークの収穫祭の記念バトルに参加し、そこで人やポケモンに不思議なパワーを与えることのできる幻のポケモン・ビクティニと出会い、仲良くなる。王国復活を願う大地の民の末裔、ドレッド・グランギルは、ビクティニのパワーを利用し、「大地の剣」を動かそうと企むが、その影響により、アイントオークはかつてない異変に巻き込まれてしまう。
果たして、サトシたちはこの街の危機を救えるのか? ビクティニの運命は? ゼクロム、レシラムの謎とともに、ポケモン史上最大の冒険と感動が、君に迫る!
●特別出演
高橋英樹
谷原章介
石原さとみ
つるの剛士
山寺宏一
水樹奈々
中川翔子
大地真央
●キャスト
サトシ:松本梨香
ピカチュウ:大谷育江
デント:宮野真守
アイリス:悠木 碧
ムサシ:林原めぐみ
コジロウ:三木眞一郎
ニャース:犬山イヌコ
ナレーション:石塚運昇
監督:湯山邦彦
『劇場版ポケットモンスター ベストウイッシュ』
「ビクティニと黒き英雄 ゼクロム」「ビクティニと白き英雄 レシラム」
7月16日(土)全国東宝系にて2作品同日公開!!
→『ポケットモンスター』の記事を探す
→アニメの記事を探す