MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

ポール・ハギス監督最新作『サード・パーソン』特報解禁!

NY、ローマ、パリ。3つの街でつながる3組の男女。
圧倒的な映画の興奮と衝撃的な感動が包む、究極の愛のミステリー。
『サード・パーソン』
笑い、惑い、悲しげな表情を見せる物語の登場人物たち…
美しい旋律が誘う特報映像が到着!


プレシディオ配給にて6月より公開される『ミリオンダラー・ベイビー』『クラッシュ』の巨匠ポール・ハギスの最新作『サード・パーソン』。
この度、本作の特報映像が到着しました。
本作は、NY、ローマ、パリの3つの街を舞台に3組の男女が織りなす、愛、信頼、そして裏切りが交錯する極上の愛のミステリー作品です。

thirdperson5.jpg

監督と脚本を手掛けたのは、『ミリオンダラー・ベイビー』の脚本で、劇場長編映画デビューにもかかわらず、アカデミー賞ノミネートを果たし、翌2004年の監督デビュー作、『クラッシュ』でアカデミー賞作品賞・脚本賞をダブル受賞、一躍世界が最も注目するフィルムメーカーとなったポール・ハギス。
パリのホテルにこもって最新作を執筆中の小説家(リーアム・ニーソン)と、作家志望でもある若き愛人(オリヴィア・ワイルド)。ローマのバーで、密輸業者に娘を誘拐されたという他人を信じることができない女(モラン・アティアス)と出会ったアメリカ人の男(エイドリアン・ブロディ)。ニューヨークのホテルでメイドとして働きながら、離婚した夫から息子を取り戻そうとする元女優(ミラ・クニス)と、売れっ子現代アーティストの元夫(ジェームズ・フランコ)。

thirdperson6.jpg

一見、何の接点もないようなそれぞれの愛のエピソードが並行して描かれ、クライマックスに向けて物語が衝撃的な形で交差していく様は、『クラッシュ』を彷彿とさせるハギスならではの圧倒的な手腕が光ります。
原題:Third Person
監督・脚本:ポール・ハギス『クラッシュ』、『告発のとき』(監督・脚本)、『ミリオンダラー・ベイビー』、『007/慰めの報酬』(脚本)
出演:リーアム・ニーソン、ミラ・クニス、エイドリアン・ブロディ、オリヴィア・ワイルド、ジェームズ・フランコ、モラン・アティアス
2013年/カラー/シネスコ/135分/5.1chデジタル/映倫:G
提供:2014「サード・パーソン」フィルムパートナーズ
配給:プレシディオ/東京テアトル
公式Twitter:@third_person_jp
公式Facebook:thirdperson.movie
『サード・パーソン』
6月、TOHOシネマズ日本橋ほか全国ロードショー
(C)Corsan 2013 all rights reserved
→『サード・パーソン』の記事を探す