MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

M・ナイト・シャマラン監督 プロデュース『デビル』公開日決定!

M・ナイト・シャマランが、新たなショックを仕掛けるソリッド・シチュエーション・ホラー
東宝東和配給、『デビル』(原題「DEVIL」)が7月16日(土)よりTOHOシネマズ日劇(レイトショー)ほか、全国ロードショーすることが決定した。『シックス・センス』の大ヒットで注目を浴びて以来、『アンブレイカブル』『サイン』『ハプニング』と次々にヒット作を放ち、世界にその名を轟かせるM・ナイト・シャマラン。そんな彼が長年にわたって練りあげてきた原案、アイデアを将来有望な映画作家たちが映画化する新たなプロジェクト“ザ・ナイト・クロニクルズ”。その待望の第一弾がついに日本公開される。


高層ビルのエレベーターという密室を舞台に、シャマランがホラーの恐怖とショック、そして謎解きのミステリーもミックスしたストーリーを生み出し、観客をあっと驚く展開の中に引き込んでいく。
●ストーリー
高層ビルで一人の男が墜落死した。現場に急行したボーデン刑事(クリス・メッシーナ)は、ロザリオを握りしめた死体に違和感を感じつつも、状況から自殺と断定する。ちょうどその頃、同じビルのエレベーターが突然停止し、閉じ込められた5人の男女が照明が消えるごとに一人ずつ残酷な死を遂げる事態が起きていた。
殺人犯はいったい誰なのか、なぜ彼らは殺されるのか? 外界から彼らを助ける事ができない中で、事件を解明しようとする刑事は常識ではありえない事態を目のあたりにし、それが人間ではない“何かの力”で行われていることを感じる。
自殺者がオフィスに残していた「悪魔の足音が聞こえる」というメモ、閉じ込められ次々と犠牲になる5人のプロフィール・・・全ての謎が明らかになった時、そこには驚愕の事実があった・・・。
原案・プロデューサー:M・ナイト・シャマラン『シックス・センス』、『サイン』
監督:ジョン・エリック・ドゥードル『REC:レック/ザ・クアランティン』
脚本:ブライアン・ネルソン『ハードキャンディ』
出演:クリス・メッシーナ『ジュリー&ジュリア』『それでも恋するバルセロナ』、ローガン・マーシャル=グリーン『アクロス・ザ・ユニバース』『クロッシング』、ジェフリー・エアンド『(500)日のサマー』
配給:東宝東和
(c)2011 Universal Studios. ALL RIGHTS RESERVED
『デビル』
7月16日(土)TOHOシネマズ 日劇(レイトショー)ほか全国ロードショー
→『デビル』の記事を探す
シャマランの記事を探す