MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

園子温監督最新作『恋の罪』カンヌ国際映画祭 監督週間正式出品決定

大ヒット作『冷たい熱帯魚』に続き、園子温が世界に放つ究極作!
『恋の罪』
(英題:『GUILTY of ROMANCE』)
カンヌ国際映画祭 監督週間正式出品決定
世界待望の園子温新作ワールドプレミア
この秋公開、園子温監督最新作『恋の罪』が、5月11日から22日まで開催されます第64回カンヌ国際映画祭の監督週間に正式出品されることとなりました。
本作は、1月末に公開し大ヒットした『冷たい熱帯魚』の園子温監督の話題作。
『冷たい熱帯魚』は興行最大手【AMC】35館以上で公開が決まり、イギリス・フランス・ドイツ・香港など続々と海外公開が決定。世界から園子温への注目が高まる中、『恋の罪』が初お披露目される運びとなりました。


2009年ベルリン国際映画祭(『愛のむきだし』出品、「カリガリ賞」「国際批評家連盟賞」受賞)、2010年ヴェネチア国際映画祭(『冷たい熱帯魚』オリゾンティ部門出品)に続き、2011年、カンヌへの初参加が決まった園監督は、3年連続で三大映画祭出品という快挙になります。
●『恋の罪』(英題:「GUILTY of ROMANCE)作品紹介
『恋の罪』では『冷たい熱帯魚』に引き続き実際に起きた事件からインスパイアされたセンセーショナルな物語に水野美紀、冨樫真、神楽坂恵という3人の女優たちが女優生命をかけ渾身の演技合戦を繰り広げます。
とどまるところを知らない園子温監督の才能がスパークし女優たちとぶつかりあい、またもや世界が注目する究極の映画が完成しました。
この物語は、21世紀直前に起きた渋谷区円山町ラブホテル街の事件である。
あの日、どしゃぶりの雨がふりしきる中、崩れ落ちそうなアパートでその女は死んでい
た……。
3人の女の生き様を、SEX・言葉・狂気・生と死・家族を通して鮮烈な映像で美しく描ききる壮絶な作品。
監督・脚本:園子温
出演:水野美紀 冨樫真 神楽坂恵 児嶋一哉(アンジャッシュ) 二階堂智/小林竜樹 五辻真吾 深水元基  内田慈 町田マリー 岩松了(友情出演) 大方斐紗子 / 津田寛治
製作:「恋の罪」製作委員会
配給・宣伝:日活
『恋の罪』
11月 テアトル新宿ほか全国ロードショー
(C)2011「恋の罪」製作委員会
→『恋の罪』の記事を探す