MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『ジュリエットからの手紙』初日決定

「50年分の愛を抱えて、あなたに会いに来ました。」
1通のジュリエットの手紙から始まる、50年前の初恋を捜す旅
「ロミオとジュリエット」のジュリエットに宛てた手紙がきっかけで50年前の初恋を探す旅に出る至福の感動作『ジュリエットからの手紙』が5月14日(土)Bunkamuraル・シネマ、ヒューマントラストシネマ有楽町他全国公開が決定しました。
不朽の名作「ロミオとジュリエット」の舞台イタリア、ヴェローナにはヒロイン・ジュリエットの生家があり、ジュリエット宛に、恋の悩みを綴った手紙が、今なお世界中から年間5000通も届く。そして、その“ジュリエット・レター”1通ずつに“ジュリエットの秘書”と呼ばれる女性たちが返事を書いている。彼女たちが交わす手紙の中には、信じられないような美しい愛の物語が隠れていた─。


世界遺産にも選ばれる愛の都・ヴェローナが舞台だから生まれた至福の物語の為に、『ジュリア』でアカデミー賞に輝いたヴァネッサ・レッドグレイヴ、『マンマ・ミーア!』のアマンダ・セイフライド、フランコ・ネロ、ガエル・ガルシア・ベルナルら豪華キャストが世界各国から集まり、イタリアの美しい風景の中、最高のキャストで贈る幸せへの旅が誕生しました。
●ストーリー
ロンドンに暮らすクレアのもとに1通の手紙が届く。それは50年前にクレアがジュリエットの生家に送った恋の悩みへの返事だった。かつて、クレアはイタリアで出逢ったロレンツォと恋に落ちていたが、彼との愛を貫けず、その苦しい胸の内を“ジュリエット・レター”に綴っていたのだ。
長い時を経て、思いがけずに届いた手紙に背中を押され、クレアは懐かしいロレンツォとの再会を決意し、イタリアへ向かう。ヴェローナから、クレアとソフィの初恋の人を捜す旅が始まった。クレアを最後に待っていたものは? “ジュリエット・レター”に書かれていたこととは…。
監督:ゲーリー・ウィニック(『シャーロットのおくりもの』
出演:アマンダ・セイフライド(『マンマ・ミーア!』)、ヴァネッサ・レッドグレイヴ(『ジュリア』、『つぐない』)、ガエル・ガルシア・ベルナル(『モーターサイクル・ダイアリーズ』『バベル』)、フランコ・ネロ(『続・荒野の用心棒』)ほか
2010/アメリカ/英語/スコープサイズ/ドルビーデジタルDTS/1時間45分
配給:ショウゲート
提供:ショウゲート、テレビ東京、東宝
(C)2010 Summit Entertainment, LLC. All rights reserved.
『ジュリエットからの手紙』
2011年5月14日(土)、Bunkamuraル・シネマ、ヒューマントラストシネマ有楽町ほか全国ロードショー!
→『ジュリエットからの手紙』の記事を探す