MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

中村獅童『鬼神伝』大ヒット祈願祈祷式

僧侶役に感化? 神聖 獅童誕生!
4月7日(木)夕方 京都の神泉苑にて、中村獅童さんがアニメ映画『鬼神伝』の大ヒットを祈願した祈祷式に参加しました。
本作は<鬼>VS<人>が戦う1200年前の京都にタイムスリップした15歳の少年が、謎の僧侶から自分が神聖なる力を持った「救いの御子」であることを告げられ、自らの運命に立ちむかう歴史冒険アニメーション。
本作で中村さんは謎の僧侶<源雲>の声を担当しています。
この祈祷式が行われた神泉苑は、主人公の少年が唯一操ることができ、物語のキーとなるオロチ(龍)が封印されている場所であり、また<鬼>VS<人>との壮絶な戦いが繰り広げられる場所として、本編に登場します。
満開の桜が美しい神泉苑で中村さんは、映画役である僧侶さながらのベージュの羽織袴で登場。
いつものほんわかとした雰囲気とは違い、凛とした神聖な雰囲気を醸し出していました。


(以下、Q&A)
Q1:境内にある「願いがかなう」と言われる赤い橋を渡った際、何を願いましたか?
中村:自分のことを願いました。
Q2:祈祷式では何を願ったか?
中村:映画のことを願いました。世の中、大変なことになっていて、映画館に来るのも大変だと思います。自分は演技と表現しかできませんが、自分にできることを一生懸命にやり、少しでも多くの方にこの映画を見ていただいて、勇気と希望をもっていただけたらと思います。
Q3:神仙苑について
中村:京都は何度も来ていますが、神仙苑は初めてです。歴史深い場所ですね。京都ならではの雰囲気を体感できて、うれしく思います。
Q4:僧侶役が中村さんと気づかないぐらい、声がいつもと違ってましたね。
中村:気がつかれない方がうれしいです。エンドロールを観て、はじめて「中村獅童が声をやっていたのか」と思われる方がうれしいです。役者の顔が見えないということは、それだけ、観ている方が映画に入っていただけているということですし、うれしいです!
Q5:映画のどのキャラクターが好きですか?
中村:自分の役が好きですね。まるで、自分のためにあて書きしてくれたのではないかというぐらいに、自分にちかい役です。『ピンポン』のドラゴンの時同様、頭も坊主だし、自分のために書いてくれたのかと思うぐらい、やりがいがあり、役を膨らます作業が楽しかったです。
●中村獅童プロフィール
1972年9月14日 東京生まれ。
映画『ピンポン』(2002)のオーディションで「ドラゴン」役を射止め、日本アカデミー賞ほか新人賞五冠を受賞し、一躍注目を集める。ことにクリント・イーストウッド監督『硫黄島からの手紙』(2006)やジョン・ウー監督『レッドクリフ PartI・II』など、歌舞伎だけでなくその活動の場は国際的なものとなっている。
吹き替えの力量にも定評があり『あらしのよるに』(2005)、『デスノート the Last name』など多くの吹き替えを担当している。
●神泉苑
文化財として国から指定された平安京最古の史蹟。
延暦13年(794)桓武天皇が平安京の造営にあたり、大内裏の南に沼沢を開いて設けられて苑池であり、常に清水が湧き出すことから「神泉苑」と名づけられました。寿永元年(1182)雨乞いのため百人の白拍子が舞い、その中に静御前がいて、源義経と初めて出会った場所とされています。境内の池は、願いがかなう池といわれパワースポットとして注目されている。
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
『鬼神伝』
4月29日(金 祝)より全国ロードショー
→『鬼神伝』の記事を探す
→アニメの記事を探す