MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『エンジェル ウォーズ』スフィアの着ボイスプレゼント決定!

『300<スリーハンドレッド>』のザック・スナイダー監督が放つ、空想バトルアクション超大作
『エンジェル ウォーズ』
空想世界へ誘う、ファン必聴の劇場入場者特典
アニソン界の最強ガールズユニット「スフィア」
キャラクター着ボイス、先着プレゼント決定!
『300<スリーハンドレッド>』、『ウォッチメン』のザック・スナイダー監督最新作『エンジェル ウォーズ』が、いよいよ4月15日(金)より全国公開!


本作は、5人の少女たちが人類の未知の領域(空想世界)で戦うバトルアクション超大作。舞台は60年代の閉鎖的な精神医療施設。主人公ベイビードールは過酷な現実を打破し、未来を変えるため空想の世界で日本刀と銃を手にセーラーに身を包み、仲間たちとサムライ型の武装ロボット、第一次世界大戦時のドイツ兵ゾンビたち、火を吐くドラゴンとの壮絶な戦いを繰り広げる。
監督が自身のイマジネーションの原点であると公言する、コミック、アニメーションの世界を驚異的な映像で具現化し、世界から熱い注目が集まっている“COOL JAPAN”に象徴されるような本作は、昨年のコミコン・インターナショナルで多くの賞賛が注がれた。
日本語吹き替え版声優には、超人気声優4人のスーパーガールズユニット「スフィア」を起用。4人揃って「スフィア」として、実写ハリウッド映画の吹き替え版声優を務めるのは今回初の試みとなる。そして劇場入場者特典として、先着10万名様に「スフィア」が演じた本作キャラクター着ボイスのプレゼントが新たに決定!! 必聴の彼女たちの着ボイスは、私たちを映画のような未知の世界に誘ってくれるはず!?
●劇場公開記念! 「スフィア」着ボイスを先着プレゼント!!
本作を劇場で鑑賞された方先着10万名様に、本作の日本語吹き替え版声優を務める「スフィア」の生着ボイスがプレゼントされることが決定!! 「スフィア」は、寿美菜子(『けいおん!!』琴吹 紬)、高垣彩陽(『機動戦士ガンダム00』フェルト・グレイス)、戸松遥(『イナズマイレブン』久遠冬花)、豊崎愛生(『けいおん!!』平沢 唯)の、それぞれが超人気アニメ作品の声優を務める4人組のガールズユニット。
声優ユニットとして初の少年コミック誌の表紙を飾り、売り出すCDは全てチャート上位にランクイン。ライブは常にソールドアウトで、声優アーティストとして最速記録となる、デビュー以来わずか1年半で日本武道館での単独ライブを成功させ、ラジオ、イベントと活動の幅を広げている。日本のポップカルチャーが生んだ、彼女たちは今や社会現象になりつつある。
寿美菜子は、苦しみを抱え自由を求めて戦う金髪の少女ベイビードール役(エミリー・ブラウニング)。高垣彩陽は、陽気だが気高い意思を持つアンバー役(ジェイミー・チャン)。戸松遥は、脱走を夢見ながらも臆病なロケット役(ジェナ・マローン)。豊崎愛生は、仲間にとても誠実でタフなブロンディ役(ヴァネッサ・ハジェンズ)の声をそれぞれ担当。劇場入場者特典としてプレゼントされる着ボイスは、演じたキャラクターの性格にちなんだ言葉で収録。どのようなコメントかは手にいれてからのお楽しみだ。ファン必聴の特典は、私たちを映画のような未知の世界に誘ってくれるはず!?
●鬼才ザック・スナイダーが描く、アクション・ファンタジー超大作!
ベイビードール(エミリー・ブラウニング)は、暴力的な義父によって、恐ろしいレノックスハウス療養所に入所させられてしまう。そこでベイビードールは、自らの身をアクション満載の架空世界に置いて、この残酷な現実から逃れる方法を考え出そうとする。しかし、「オズの魔法使い」のドロシーと同じようにベイビードールが架空の世界で抱く恐怖心は、現実の世界での恐怖心と同じものだった。しかし彼女の作り出した世界は、彼女が自在にコントロールできる世界でもあった。
そこでベイビードールは彼女と同じくこの施設に閉じ込められ、なおかつ彼女に好意を抱いている4人の女性、ロケット(ジェナ・マローン)、ブロンディ(ヴァネッサ・ハジェンズ)、アンバー(ジェイミー・チャン)、スイートピー(アビー・コーニッシュ)を集結させ自らの架空の世界に呼び込むことにする。この架空の世界に解き放たれた彼女たちは、自由になるために必要な5つの鍵を探す使命を与えられ――自らが抱えるあらゆる恐怖心と限界を克服していくことになるのだった。
『エンジェル ウォーズ』
4月15日(金)より丸の内ピカデリー他全国ロードショー
(C)2011 WARNER BROS. ENTERTAINMENT INC. AND LEGENDARY PICTURES
→『エンジェル ウォーズ』の記事を探す