MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

ダニー・ボイル監督最新作『127時間』公開初日決定!

映画『127時間』初日決定のお知らせ
6月18日(土)より、TOHOシネマズ シャンテ、シネクイント他全国ロードショー!!
未来を求め、笑いながら困難に立ち向かった実在のヒーロー。
その<生命力>が世界中に希望と感動を与えた、パワフルなエンタテインメント感動作!
この度、本年度アカデミー賞6部門ノミネート、『スラムドッグ$ミリオネア』のダニー・ボイル監督最新作、『127時間』の公開日が6月18日(土)(公開劇場:TOHOシネマズシャンテ、シネクイント他)に決定しました。
断崖に挟まれる過酷な状況を、圧倒的な生命力で切り抜けた英雄、アーロン・ラルストンの実話を基にした本作を、今こそ多くの人に見ていただきたいと私どもでは考えております。


●ストーリー
生きて帰りたい。断崖に挟まれたひとりの青年の、究極の<決断>―――。
彼の勇気が世界に感動を与えた、奇跡の実話!!!
その<決断>に、世界が涙し、希望に満ち溢れたー。
アカデミー賞作品賞含む6部門ノミネート! 全世界のマスコミが絶賛!
主人公の“勇気”が、観る者に希望と感動を与えてくれる、 奇跡の実話からうまれた、パワフルな感動エンタテインメント!
金曜の夜、いつものように一人で、ロッククライミングを楽しむため、ブルー・ジョン・キャニオンに向け出発したアーロン。だが、運命の瞬間が彼に襲いかかる。落石に右腕を挟まれ、谷底から一歩も動けなくなったのだ。助けを求める叫び声は無人の荒野にむなしく呑み込まれ、持てる知恵と経験を総動員して岩を撤去しようとするが、ピクリとも動かない。
死を目前にして初めて自分の人生と向き合うアーロン。自分勝手に生き、決して心を開かなかった。両親にも、友達にも、恋人にも―。
衰弱した身体を引き裂くように襲いかかる後悔、そして湧き上がる命への情熱。
生きたい。生き直したい―!
そして生命の限界を超えた127時間後、遂に彼は<決断>する―。
監督:ダニー・ボイル
出演:ジェームズ・フランコ
原作:アーロン・ラルストン著「127時間」(小学館文庫)
原題:127HOURS/2010年/アメリカ・イギリス合作/カラー/シネスコ/ドルビーデジタル/94分
共同配給:20世紀フォックス映画×ギャガ(宣伝)
(C)2010 TWENTIETH CENTURY FOX

6月18日(土)より、TOHOシネマズ シャンテ、シネクイント他全国ロードショー!!
→『127時間』の記事を探す