MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

板尾創路主演『電人ザボーガー』ジャパンプレミア上映

『電人ザボーガー』
第3回沖縄国際映画祭
3月25日(金)上映・舞台挨拶のご報告
この度、板尾創路主演『電人ザボーガー』が、第3回沖縄国際映画祭 長編プログラム Laugh部門にて、ジャパンプレミア上映し、井口昇監督ほかキャストによる舞台挨拶を行いました。
このような状況ですが、本作を通じ、勇気と元気を伝えたいと、関係者一同願っております。
日程:3月25日(金)
場所:沖縄 宜野湾市 沖縄コンベンションセンター
登壇者:板尾創路、古原靖久、山崎真実、宮下雄也、佐津川愛美、ザボーガー(ロボット)、井口昇監督


●コメント
板尾創路
沖縄映画祭に3年連続で参加できたことを嬉しく思います。
47歳のヒーローものなんですが、出来る限りアクションもやりました。
足も高く上げたし、大きい声も出しました。ギャラは大したことなかったんですけど。
「機会があれば、被災地で大変な思いをしている子どもたちのもとに行って、みんなに映画を観せたい!」とザボーガーも言っています。
古原靖久
この映画をみていただいて元気を出してもらえればいいなと思います。
映画祭のテーマ「ラフ&ピース」にあっている作品になっています。
山崎真実
こういう状況(震災)の中で(チャリティというかたちで)沖縄映画祭に参加できてよかったです。
宮下雄也(RUN&GUN)
たくさんの「勇気」をもらえる映画になっています。
板尾さんと僕のアクションシーンをみてください。
佐津川愛美
映画祭に参加することが、チャリティになっていて嬉しく思います。
30年前に出来なかったことをたくさんやっていてすごいと思いました。
井口昇監督
「ジャパンプレミア」として本日皆さんにみていただくことができて、嬉しく思います。
30年前の特撮ヒーローものなんですが、「特撮大河ドラマ」になっています。
『トランスフォーマー』の原点を現代に蘇らせたいと思って作りました。
元気がなくなっている日本をこの作品で勇気づけて、日本に「元気」と「熱さ」を取り戻したい。
製作:2011「電人ザボーガー」フィルム・パートナーズ
企画・原作:ピー・プロダクション
配給:ティ・ジョイ/キングレコード
配給協力・宣伝:日活
『電人ザボーガー』
秋、新宿バルト9ほか全国ロードショー
→『電人ザボーガー』の記事を探す
→特撮の記事を探す