MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『くノ一忍法帖 影ノ月』映画収益の一部を寄付することを決定

新作劇場映画『くノ一忍法帖 影ノ月』を2011年6月4日(土)より公開することとなりました。
本作品は、1990代に一世を風靡した、伝奇忍者小説『忍法帖』シリーズを、原作の山田風太郎没後10年を記念して復活いたします。いま最もホット女優たちが演じるくノ一たちの愛と使命、そして“くノ一忍法帖”ならではの奇想天外な忍法で彩るスーパー時代劇となっております。
また、このたびの東北地方太平洋沖地震および各地を震源とする地震により被災されたみなさまの1日も早い復旧を祈り、映画収益の一部を日本赤十字社を通して寄付することを決定しました。


●作品概要
「山田風太郎」没後10年
1990年代に一世を風靡した、山田風太郎の『忍法帖』シリーズがついに復活!
愛と使命の狭間で揺れる裸身、奇想天外な忍法が彩るスーパー時代劇!!
原作は、1960年代に一世を風靡した、山田風太郎の伝奇忍者小説『忍法帖』シリーズ。1960年代に2作の映画を生み、1990年代になると、『くノ一忍法帖』シリーズはオリジナルビデオになり大ヒットを記録(1991年~1998年までに全8作。うち劇場映画作品3本)。
それらのヒットにあやかろうと、【くノ一】をタイトルに冠した作品は、2010年の現在も多数製作されています。
そして、大ヒットシリーズ『くノ一忍法帖』がついに復活します!
原作の中でも絶大な人気を誇る『忍者月影抄』(シリーズ第6作『くノ一忍法帖IV 忍者月影抄』)にVFXを駆使、更にパワーアップさせた21世紀バージョンとして映像化! 倹約を強いる吉宗とそれに反し自由経済を訴えた徳川吉宗の戦いに翻弄され、愛と使命の狭間で揺れる忍たちの奇想天外な忍法が彩ります。
●ストーリー
将軍の愛妾をめぐって忍者が入り乱れる大幻魔戦の結末やいかに?
時は江戸、享保の時代。徳川八代将軍吉宗による質素倹約の改革が、江戸の町を寒々とさせていた。そんな中、万事派手好みの尾張藩主の宗春は、吉宗からお咎めの書状を受け取ったのを機に、甲賀の忍を呼び出す。吉宗の過去の愛妾を暴き、スキャンダルを起こすことで、政治への不満を爆発させようというのだ。対する吉宗は、紀州のくノ一を使う。その任務は甲賀の忍び捕えられる前に愛妾たちを殺すこと。ここに、忍法合戦の火蓋が切って落とされる――。
●キャスト
阿部真里、西野翔、森下悠里、水谷ケイ、亜紗美、仁科貴、海東健、黒田アーサー
●スタッフ
監督:菱沼康介
原作:山田風太郎「忍者月影抄」(角川文庫刊)
製作:重村博文、本田武市
企画:田中勇、林哲次
プロデューサー:木村尚司
製作:キングレコード、ティー・オーエンタテインメント
制作:ティー・オーエンタテインメント
配給:TOブックス
映倫:R15+
(C)2011山田風太郎/映画「くノ一忍法帖」製作委員会
『くノ一忍法帖 影ノ月』
2011年6月4日(土)銀座シネパトスほかにて、レイトショー!
→『くノ一忍法帖 影ノ月』の記事を探す