MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

映画『英国王のスピーチ』東国原英夫氏トークイベントレポート

2月21日(月)シネマート六本木におきまして、先頃宮崎県知事をご勇退され、いま最も注目を浴びていらっしゃいます、東国原英夫氏をお迎えして話題の映画、注目の映画『英国王のスピーチ』のトークイベントを行いました。
当日は、都知事選の立候補があるかどうかと注目を浴びていることもあり、芸能、報道の垣根を超えて多くの取材が駆けつけました。
●イベント詳細
日時:2月21日(月)
参加ゲスト:東国原英夫氏


・映画イベント登場について
知事時代に宮崎県に関することでは映画のイベントに呼ばれたこともあったのですが、純粋に映画のイベントにゲストで呼ばれたのは実は今日が初めてなんです。私も人前でしゃべることを生業にしているとはいえ、しゃべることが苦手で、県知事を4年務めさせていただいて、芸人も26、27年やっているのですがまだ噛んでいます。
・コンプレックスや困難を克服することについての秘訣は?
他にもコンプレックスといえば生え際ですが、これに関しては開き直っています。ある日ビートたけし師匠に“東、眉毛を伸ばしてオールバックにしたらいいじゃないか”と言われてさすがにしょうがない、あきらめようと思ったんですね(会場爆笑)。 40歳で不祥事を起こしまして謹慎になって、その時は一家の大黒柱だったので、仕事ができないというのは辛いことでした。それで小さな頃お笑い芸人か政治家が夢だったので、お笑いはあきらめて政治家を目指しました。自分の目標が自分を救ってくれたんです。
・復縁について、映画では、主人公が妻とセラピストに支えられ困難を克服しますが、東国原さんにとっての支えとは?
僕も奥さんの支えは欲しいですね。でも宮崎県民とスタッフの支えで僕はここまで来たんです。トップは孤独なものですよね。
復縁については加藤さんに聞いてください。
・(都知事や国政)選挙への開戦のスピーチは?
それはまだ分かりません。まだ白紙です。あらゆる可能性を排除しないということです。
・今までで一番印象に残ったスピーチは?
知事になって4年目に起きた鳥インフルエンザのことで、清武町の農場でやったスピーチが一番のスピーチでした。
・『英国王のスピーチ』を観る人へのメッセージ
困難を克服する様子などあらゆる観点で学べる素晴らしい映画だと思います。
アカデミー賞の12部門にノミネートされているということで、久々に見応えのある映画だと思いますので、皆さんご覧ください。
第83回アカデミー賞において現在最多12部門にノミネートされている『英国王のスピーチ』は、いま最もアカデミー賞に近い作品として注目を浴びております。
●ストーリー
英国史上最も内気な国王ジョージ6世。
バッキンガム宮殿に隠された真実の物語。
子供の頃から悩む吃音のために無口で内気な、現エリザベス女王の父、ジョージ6世。しかしヒトラーの率いるナチスドイツとの開戦に揺れる国民は、王の言葉を待ち望んでいた。型破りのセラピスト、ライオネルの友情と妻の愛情に支えられ、渾身のスピーチに挑むのだが─。
監督:トム・フーパー
出演:コリン・ファース『シングルマン』、ヘレナ・ボナム=カーター『アリス・イン・ワンダーランド』、ジェフリー・ラッシュ『シャイン』 ほか
『英国王のスピーチ』
2011年2月26日(土)TOHOシネマズ シャンテ、Bunkamuraル・シネマ他全国順次公開
→『英国王のスピーチ』の記事を探す