MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『唐山大地震 -想い続けた32年-』相武紗季、芦田愛菜、戸谷公人 吹替キャスト決定

実際にあった【20世紀最大の震災】を舞台にした話題の感動大作
『唐山大地震 -想い続けた32年-』
この感動を日本語で! 吹き替えキャスト決定!!
相武紗季「家族の絆」に感動!
未曾有の大地震に運命付けられた女性の生涯を、同郷の後輩・芦田愛菜ともに涙の競演!
『アバター』『レッドクリフ』をオープニング成績で超え、中国映画の歴代最高記録を樹立した話題の映画『唐山大地震 -想い続けた32年-』(配給:松竹)。3月26日(土)の日本公開に向け、吹き替えキャストが決定しました!


「日本語吹替版」で主人公ファン・ドン役を演じるのは、今や映画・TVに欠かせない存在となった人気女優相武紗季さん(あいぶさき/25歳)。自身も子供の頃に阪神大震災を経験した事もあり、より強い想いで吹き替えに挑みます! なお、実写映画の吹替えは今回が初挑戦となります。
また、同じく主人公ファン・ドンの幼少時代の声を演じるのは、第34回日本アカデミー賞新人俳優賞(『ゴースト もういちど抱きしめたい』(2010))を受賞した、大人気実力派子役芦田愛菜さん(あしだまな/6歳)。彼女も実写映画の吹き替えは初挑戦。彼女も相武紗季さん同様、兵庫県出身で、今回、同郷の二人が主人公の32年を競演します!
また、相武紗季さん演じるファン・ドンの大学生時代の恋人役ヤン・ジーに、TV番組『仮面ライダーディケイド』の海東大樹役で人気急上昇中の戸谷公人さん(とたにきみと/20歳)が抜擢され、フレッシュな風を作品に吹き込みます。
本作は、1976年に実際に起こり、死者24万人、重傷者16万人という被害を出した20世紀最大の震災、唐山大地震を舞台に、地震により運命づけられたある家族の姿を描いた感動作。本国では、2000万人が感涙したことから、“催涙(さいるい)弾映画”とも呼ばれています。世界中で話題沸騰の本作が日本語吹き替え版になり、日本列島に“感動の激震”を巻き起こします!
●相武紗季さん、芦田愛菜さんが演じた主人公ファン・ドンについて
幼少時に起きた大地震で、家族と離れ離れになり、養父母に育てられる。実は地震の際、瓦礫の下敷きになり、母親に見捨てられ、死体置き場で奇跡的に息を吹き返すという壮絶な体験をしている。養父母の愛で立直り、前向きに生きる女性に成長している彼女だが、今でも心に深い闇を背負っている。
●相武紗季さん コメント
大地震を経てバラバラになったある家族を通して、“本当に大切なもの”を知ることができました。私も阪神大震災を経験したので、共感できる部分も多く、自然災害がどれほど人の人生に影響を及ぼすのか、この映画を見て感じる事ができると思います。この感動を多くの人たちに伝えられるようにがんばります。
ご家族と一緒にぜひご覧ください。
青年期~成人期までの涙と葛藤の日々を表現するのに、コメディからシリアスな役所までをこなす演技の幅の広さが評価された。さらに兵庫県出身で阪神大震災を経験している点からも、本作のメッセージを誰より伝えうるとの判断で主演の吹替版への起用が決定。実際にファン・ドン役を演じたチャン・チンチューは初主演の映画『孔雀 我が家の風景』(2007)でベルリン国際映画祭、審査委員特別賞・銀熊賞を受賞し、その後も『ラッシュアワー3』に出演するなど中国・香港映画界の注目若手女優。日中の若手実力派女優同士の競演にも注目が集まっている。
●<芦田愛菜さん コメント
私が演じた少女は、家族と離ればなれになってしまい、とても悲しい思いをしましたが、強く、前を向いて乗り越えていく姿が素敵な女の子です。
わたしもあんな風になりたいなと思いました。
マグニチュード7.8の地震の直撃をうけ、泣き叫ぶシーン。地震直後、礫の下で声にならない声を発するシーン。そしてその、瓦礫の下、娘か息子か、どちらかしか選べない状況で母が弟を選んだ声を耳にして、発する一言。非常に高度な演技力が問われる主人公ファン・ドンの幼少期は、芦田愛菜さんにしか演じられないという理由で今回、起用が決定。
実際にファン・ドンの幼少期の役を演じたのは中国で“天才子役”と呼ばれるチャン・ツイファン。日中の天才子役が競演は必見! 要比較検討だ!
●『唐山大地震 -想い続けた32年-』作品情報
それは、ある家族の32年を見つめた心揺さぶる物語。
あの『アバター』、『レッドクリフ』をオープニング成績で超え、中国映画の歴代最高興収記録を樹立した超話題作が遂に日本上陸!
1976年に実際に起こり、死者24万人、重傷者16万人という被害を出した【20世紀最大の震災】唐山大地震により運命付けられたある家族の32年間を、中国No.1のヒットメーカーであり、米「NEWSWEEK」誌が“中国のスピルバーグ”と評するフォン・シャオガン監督(『女帝[エンペラー]』『狙った恋の落とし方。』)が描く。本国ではその感動のドラマに号泣する観客が続出、【催涙弾映画】の異名で呼ばれ、海外のマスコミからも「中国映画史上最もヒューマニズムと情感に富んだ力作」(HOLLYWOOD REPORTER)と大絶賛の声があがっている。国内外の映画賞を続々と受賞し、感動の“激震”を巻き起こしながら、遂に公開を迎える『唐山大地震 -想い続けた32年-』。日本列島はこの春あたたかい涙に包まれる!!
第83回アカデミー賞 外国語映画賞 中国代表作品
第4回アジア太平洋スクリーン・アワード 最優秀作品賞受賞 最優秀男優賞受賞
シネアジア2010“フィルム・メーカー・オブ・ディケイド”(この10年間で最高の映画制作者)フォン・シャオガン監督
●ストーリー
一瞬にして全てを奪った大地震が教えてくれた、ある大切なものとは?。
1976年7月28日、中国・唐山市を未曾有の大地震が襲った。倒壊する建物の中で夫を失った母は、残された二人の子供の行方を捜す。翌朝、母の元に瓦礫の下で姉弟が奇跡的に息をしていることが母親に伝えらえるが、同時にどちらか一人しか助けられないというあまりに残酷な状況が告げられる。
「息子を・・・」泣き崩れる母親。だが、その消え入るような声は瓦礫の下の姉の耳にも届いていた。
時は流れ、娘の死を思い続けながら母親は生きていた。そして奇跡的に生き延びた娘も養父母の元、成長していた。今、32年の時を経て、親子の運命が大きく動き出す。
監督:フォン・シャオガン(『女帝[エンペラー]』、『狙った恋の落とし方。』、『戦場のレクイエム』
出演:シュイ・ファン、チャン・チンチュー、リー・チャン、チェン・ダオミン
提供・配給:松竹
特別協賛:ニトリ
原作:「唐山大地震」チャン・リン(角川書店刊)
上映時間:2時間15分
(C)2010 Tangshan Broadcast and Television Media Co., Ltd. Huayi Brothers Media
Corporation Media Asia Films (BVI) Limited All Rights Reserved.
『唐山大地震 -想い続けた32年-』
3月26日(土)全国ロードショー
→『唐山大地震』の記事を探す