MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

アカデミー賞『英国王のスピーチ』最多12部門ノミネート

『英国王のスピーチ』
注目度急上昇本年度賞レース大本命!
2月26日公開!
世界の映画賞38冠! 今この瞬間も感動が広がっています!
日本時間の1月25日(火)に発表になりました第83回アカデミー賞におきまして、『英国王のスピーチ』(2月26日日本公開)が作品賞、監督賞(トム・フーパー)、主演男優賞(コリン・ファース)、助演男優賞(ジェフリー・ラッシュ)、助演女優賞(ヘレナ・ボナム=カーター)、脚本賞、美術賞、撮影賞、衣装デザイン賞、編集賞、作曲賞、録音賞 最多12部門のノミネートとなりました。


すでに世界の映画賞におきまして、43もの賞を受賞し、賞レースのトップを独走し続けている『英国王のスピーチ』ですが、今季の賞レースでは、『ソーシャル・ネットワーク』と一騎打ちとなっておりまして、いよいよ2月27日に発表となるアカデミー賞の本戦での決着が注目の的となっております。
●ストーリー
英国史上最も内気な国王ジョージ6世。
バッキンガム宮殿に隠された真実の物語。
子供の頃から悩む吃音のために無口で内気な、現エリザベス女王の父、ジョージ6世。しかしヒトラーの率いるナチスドイツとの開戦に揺れる国民は、王の言葉を待ち望んでいた。型破りのセラピスト、ライオネルの友情と妻の愛情に支えられ、渾身のスピーチに挑むのだが─。
監督:トム・フーパー
出演:コリン・ファース『シングルマン』、ヘレナ・ボナム=カーター『アリス・イン・ワンダーランド』、ジェフリー・ラッシュ『シャイン』 ほか
『英国王のスピーチ』
2月26日(土)TOHOシネマズ シャンテ、Bunkamuraル・シネマ他全国順次公開
→『英国王のスピーチ』の記事を探す