MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『冷たい熱帯魚』公開記念:園子温監督×倉本美津留さんトークショー

1月29日(土)日本映画界激震!
『冷たい熱帯魚』公開記念【むきだし特集】
園子温監督×倉本美津留さんトークショー
世界の映画祭で熱狂的支持を得ている園子温。ヒューマントラストシネマ渋谷にて開催された(1月8日~1月21日)、『冷たい熱帯魚』公開記念【園子温 むきだし特集】の最終日に園監督と、倉本美津留さんによるトークショーを行いました。
『自殺サークル』(2002)、『愛のむきだし』に出演し、『Make the Last Wish』(2008年、満島ひかり主演)の企画でもある倉本さんが、「40歳を過ぎて“親友”と呼べる人ができると思っていなかった」という園監督とのトークは息もぴったり。幻の未公開作品『Make the Last Wish』を観るべく集まった満員の客席からは、終始笑いの絶えないイベントとなりました。


倉本さん:『Make the Last Wish』が上映されてよかったですね。
園監督:このバージョンでの上映は最後でしょうね。
倉本さん:園監督の作品に出ると役者は必ず成長するので、『愛のむきだし』撮影後の成長した満島ひかりが『Make the Last Wish』では観れますよ。半分は本当で、半分はフィクションというのが面白いと思って企画を作って、何を頼んでも大丈夫な親友の園監督にすぐ話しました。
園監督:ウェブの動画サイト配信用の進行する映画という企画でしたね。ドラマ部分は台本を書きましたけど、後半はほとんどドキュメンタリーです。
倉本さん:本気でオーディションしている人と、本気で演技している人が混ざっているというのは面白いですよね。
園監督:満島ひかりは演技をしているので、オーディションの質問にもぶっきらぼうに答えたりして面白かったですよ。(笑)
倉本さん:園監督とは『自殺サークル』の頃に出会ったんですが、勝手に園監督のことは親友だと思ってます。
園監督:僕も思っていますよ(笑) 今回上映する『Make the Last Wish』はまだ編集や音も未熟なところがあるので、もっと編集したバージョンでの上映はあるかもしれないですよね。その時のタイトルは『冷たい熱帯魚2』にしますか?
倉本さん:『冷たい熱帯魚』に出ている神楽坂恵さんがいい女優なんですよ。神楽坂さんが映画に出たいという話をしていたので、園監督に紹介したんです。
園監督:3人で飲んでいる間に映画2本だすと約束しちゃってました(笑) 演技はかなり特訓しましたよ。でも映画にだすなんて適当には言わないから、神楽坂さんに何かを感じたと思います。『冷たい熱帯魚』でも色んな出会いがありましたね。
倉本さん:『冷たい熱帯魚』は自分も2回も観てしまった程、凄い映画なんで、是非、皆さん観てくださいね。
●倉本美津留(くらもと・みつる)プロフィール
放送作家・ミュージシャン。関西で伝説的な番組を多数生み出す。その後、拠点を東京に移し「ダウンタウンのごっつええ感じ」「M1グランプリ」をはじめ数々のヒット番組を担当。現在「HEY! HEY! HEY!」、NHKこども番組「シャキーン!」から「ダウンタウンDX」のトスポの声まで幅広く活躍中。俳優として園子温監督の『自殺サークル』、『愛のむきだし』にも出演。
●映画『冷たい熱帯魚』
監督・脚本:園子温(『愛のむきだし』)
出演:吹越満 でんでん 黒沢あすか 神楽坂恵 梶原ひかり 渡辺哲
共同脚本:高橋ヨシキ
製作・配給・宣伝:日活
英題:COLD FISH 2010/日本/カラー/35mm/146min/アメリカンビスタ/DTS-SR 【R-18】
(C)NIKKATSU
『冷たい熱帯魚』
1月29日(土)より、テアトル新宿ほか全国順次ロードショー
→『冷たい熱帯魚』の記事を探す