MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

第68回 ゴールデン・グローブ賞『ザ・ファイター』助演男優賞&助演女優賞受賞!!

映画『ザ・ファイター』原題:The Fighter
<クリスチャン・ベール> 助演男優賞受賞!
<メリッサ・レオ> 助演女優賞受賞!!
ギャガ株式会社配給、3月26日(土)より公開となります『ザ・ファイター』ですが、本日1月17日(米時間16日)に発表となりました第68回ゴールデン・グローブ賞にて、クリスチャン・ベールが助演男優賞を、またメリッサ・レオが助演女優賞を受賞しました!
大幅に減量をし、髪の毛を抜き、歯並びを変えるという驚異の役作りで、薬物中毒の元実力派ボクサー・ディッキーを怪演し、本年の賞レースで、既に24の助演男優賞を受賞しているクリスチャン・ベールのゴールデン・グローブ助演男優賞受賞で、一層アカデミー賞への期待が高まります!!


●助演男優賞:クリスチャン・ベール
ディッキー役。マーク・ウォールバーグ演じるミッキー・ウォードの兄。街の期待のボクサーだったが、薬物中毒となり、遂には監獄へ。全身全霊をかけて、ミッキーを一人前のボクサーに育てたいと思っているが…。その衝撃の役作りは必見!!
●助演女優賞:メリッサ・レオ
アリス役。ミッキーとディッキーの母であり、2人のマネージメントも務めている。
強烈なステージママで、過保護の極致。ミッキーは、兄ディッキーと母アリスの管理下から抜け出すため、2人と縁を切ることを決意するが…。
●ストーリー
異父兄弟のディッキーとミッキーは、共にプロボクサー。兄のディッキー(クリスチャン・ベール)は才気溢れるボクサーだが、短気で怠惰な性格から破綻した毎日を送っている。一方、弟のミッキー(マーク・ウォールバーグ)は、真面目な性格ながら才能に恵まれず、一度も勝利を収めることができない。そんなある日、ライバルとの一戦に敗れたディッキーは薬物中毒となり投獄されてしまう。
どん底まで落ちた兄の姿、そして断絶する兄弟の絆。2人が目標としていた世界チャンピオンなど、夢のまた夢だと思われた・・・。しかし、ディッキーは監獄からも弟にエールを送り続ける。そして迎えた兄の出所。ミッキーは兄ディッキーを再度トレーナーに迎え、ふたたび二人三脚で世界の頂点を目指し始めた――。
監督:デヴィッド・O・ラッセル『スリー・キングス』
出演:マーク・ウォールバーグ/クリスチャン・ベール/エイミー・アダムス/メリッサ・レオ
配給:ギャガ Powered by ヒューマックスシネマ
(C)2010 RELATIVITY MEDIA. ALL RIGHTS RESERVED.
『ザ・ファイター』
3月26日(土)丸の内ピカデリー他全国順次公開!!
→『ザ・ファイター』の記事を探す