MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『恋とニュースのつくり方』ロンドン・プレミア開催!

『恋とニュースのつくり方』(2月25日公開)のUKプレミアが1月11日開催されました。
1月11日(火)(日本時間1月12日)イギリス・ロンドン、レスター・スクエアのエンパイア・シネマで『恋とニュースのつくり方』のUKプレミアが行われた。風の吹く寒いこの日、数時間前から劇場前で待つファンたちが重いコートやマフラーで完全防備する中、レッドカーペットに現れた主演のレイチェル・マクアダムス(『きみに読む物語』)は、SUNO(スノ)のホルターネックの膝上のドレスと紫のサテンのシャーロット・オリンピアのハイヒールで現れた。
胸の谷間だけではなくサイドのふくらみもほとんど見えるような挑発的なドレスを軽やかに着こなすレイチェルに、待ちわびたファンから歓声があがった。


1月9日(日)にドイツで行われた『恋とニュースのつくり方』のプレミアではマイケル コース(Michael Kors)の赤いロングのエレガントなドレスで現われたレイチェル。ヨーロッパでのキャンペーンを楽しむように衣装を変えるレイチェルに感化されたのか、共演のハリソン・フォードもロンドン・プレミアではターコイズブルーのスカーフを身につけいつもとは一味違う装いだった。
映画の中では若い女性TVプロデューサーと頑固なニュースキャスターという対立する二人を演じるレイチェルとハリソンだが、プレミアで彼女をエスコートするのはつねにハリソン。
「ハリソンとのシーンはとてもエキサイティングだったわ」とレイチェルが言えば、「レイチェルはユーモアと感情の両面で多くのものを役に与えられる素晴らしい女優だね」とハリソンもべた褒め。
他にも映画でレイチェルの恋のお相手となる先輩TVプロデューサー役のパトリック・ウィルソンや監督のロジャー・ミッシェル(『ノッティングヒルの恋人』)らに囲まれ、華やかなロンドンの夜を楽しんでいた。
『恋とニュースのつくり方』は、『プラダを着た悪魔』の脚本家アライン・ブロッシュ・マッケンナと『ノッティングヒルの恋人』の監督ロジャー・ミッシェルが贈る、ニューヨークのTV業界を舞台に、恋に仕事に頑張る女性を描いたサクセス・ストーリー。
『きみに読む物語』で注目を集めた女優レイチェル・マクアダムスが、仕事に熱心な若手TVプロデューサーの主人公ベッキーを爽やかに演じている。そして、ベッキーの前に立ちふさがる番組のベテランキャスターの2人を、『インディ・ジョーンズ』のハリソン・フォードと『恋愛適齢期』のダイアン・キートンという豪華実力派俳優が競演。
その他にも、『オペラ座の怪人』のパトリック・ウィルソンや『ジュラシック・パーク』のジェフ・ゴールドブラムが脇を固めている。製作は、『M:i:III』『スター・トレック』のJ.J.エイブラムスが担当。
監督:ロジャー・ミッシェル『ノッティングヒルの恋人』
製作:J.J.エイブラムス『M:i:III』、『クローバーフィールド HAKAISHA』、『スター・トレック』
脚本:アライン・ブロッシュ・マッケンナ『プラダを着た悪魔』、『幸せになるための27のドレス』
出演: レイチェル・マクアダムス『きみに読む物語』、『シャーロック・ホームズ』、ハリソン・フォード『インディ・ジョーンズ』シリーズ、ダイアン・キートン『恋愛適齢期』、パトリック・ウィルソン『オペラ座の怪人』、『リトル・チルドレン』
2010年11月10日 全米公開
配給:パラマウントピクチャーズ ジャパン
『恋とニュースのつくり方』
2月25日(金)より、丸の内ピカデリーほか全国ロードショー
→『恋とニュースのつくり方』の記事を探す
→レイチェル・マクアダムスの記事を探す
→ダイアン・キートンの記事を探す
→ハリソン・フォードの記事を探す