MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『グリーン・ホーネット』LAプレミア、チャイニーズシアターで開催

ロスの夜に“グリーン・ホーネット”参上!
セス・ローゲン&ジェイ・チョウ そして、紅一点の姫 キャメロン・ディアスがLAプレミアに登場!!
2001年最初の痛快バディ・アクションムービー!『グリーン・ホーネット』のLAプレミアが現地時間1月10日(日本時間1月11日)にハリウッドのチャイニーズ・シアターで行われました。
主演のブリットを演じ、脚本と製作総指揮も務めるセス・ローゲンは、「この映画は普通のヒーロー映画とは違うんだ。主人公のブリットはバカで意地悪で犯罪もとめられない奴。そこが、普通のヒーローより面白いし、笑えるところ。この映画のコンセプトは…主人公はバカだけど、相棒のカトーはイケてる。2人は仲が悪いけど、いつのまにか力を合わせて、友情が芽生えるさまを描くことなんだ。」と語った。


ブリットの相棒の“イケてる運転手”カトーを演じた、ジェイ・チョウは「この映画は、まるでカトーより主人公ブリットの方が、部下なんだよ! 僕のファンはきっと楽しんでくれると思うよ。ぜひ、劇場で見て欲しいな。
『グリーン・ホーネット』の車の運転は荒っぽくて、これを見ると、『007』の運転は女の子の運転に見えると思うよ。冗談だけどね!」と、ハリウッドの熱気と歓声を受けて、興奮気味に語った。
ワンショルダーの赤のアザロのドレス姿の正に紅一点のキャメロン・ディアスは、ブリットとカトーの両方に愛される秘書レノアを演じた。本作について「ブリットは自分が愚かなことを分かっていて、お茶目で憎めないキャラクター。いつも面白いことをして、レノアはそんな彼から眼が離せなくなっていく。彼が成長したことにより、レノアは彼を好きになるの。セスもブリットに似たところがあって、私もいつのまにか惹かれたわ」
監督のミシェル・ゴンドリーは、「(セスについて)コメディ系の俳優の人の演技は想像力が豊かでとてもいいと思う。台本にはない、アドリブが自然で面白いんだ。それに返す他の俳優さんも、自然にアドリブをだし、結果よくなるんだよ。
(キャメロンについて)彼女は面白い人!
(悪役クリストフ・ヴァルツについて)彼はクレイジー!
(ジェイについて)彼はまさにスーパースター!」と語った。
他に、エドワード・ファーロング、ハンク・アザリア、マイケル・クラーク・ダンカン、クリストファー・ミンツ、そして、グリーンつながりの(?!)トム・グリーンも来場した。
●作品情報
幼くして母を亡くし、新聞社の創業者である父に厳格に育てられたブリット・リードは、その反動か、絵に描いたような放蕩息子ぶり。ところが、父が蜂に刺され死に、突然社長の座についたブリットは、父の運転手カトーとともに、正義に目覚め、ロスの町を一掃する決心をする。
カトーは、実は天才発明家で、秘密裏に父と数々のハイテクマシンを発明していた。彼の発明の最高峰、ハイテク装置満載の愛車《ブラック・ビューティー》を駆って、二人は全身をグリーンのスーツとマスクに包み、自分たちを“グリーン・ホーネット”(緑の蜂)と命名。ワルのほうがワルには近づきやすいと考えたブリットは、才色兼備でジャーナリスト志望の秘書レノアのマスコミ操作力を借り、自らの新聞社の記事で“グリーン・ホーネット”を新たなワルとして盛り立てつつ、ロスの悪党どもを斬っていく。
そんなとき、父の急死に暗黒街の王ベンジャミン・コドンフスキーが絡んでいることを知ったブリットとカトーは、警察、検察、新聞社、暗黒街すべてを欺く大死闘に立ち上がる!
全米公開:1月14日(金)
監督:ミシェル・ゴンドリー
出演:セス・ローゲン/ジェイ・チョウ/キャメロン・ディアス/クリストフ・ヴォルツ
『グリーン・ホーネット』
1月22日(土)より、丸の内ピカデリーほか全国ロードショー
→『グリーン・ホーネット』の記事を探す
→キャメロン・ディアスの記事を探す