MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『トゥルー・グリット』コーエン兄弟歴代No.1となるオープニング記録のスタート!

『トゥルー・グリット』
全米興行成績『トロン:レガシー』を抜き、コーエン兄弟歴代No.1のオープニングスタート!
パラマウント ピクチャーズ ジャパン配給、2011年3月18日(金)に日本で公開される、アカデミー賞受賞監督、ジョエル&イーサン・コーエンの最新作『トゥルー・グリット』(原題:TRUE GRIT)が、全米22日のクリスマスシーズンに公開された。24日からの全米週末3日間の興行成績では、『トロン:レガシー』を抜き、さらにはコーエン兄弟の歴代作品No.1のオープニング興行成績となる2,560万ドル(3,047館)を記録する、全米2位のスタートを切った。今までの彼らの作品では、2008年に公開された『バーン・アフター・リーディング』の1,912万ドルが最高だったが、それを遙かに上回る2人の新たな代表作となりました。


本作品は、ジョン・ウェインが悲願のオスカーを手にした『勇気ある追跡』のオリジナル原作をコーエン兄弟ならではのタッチで新たに映画化した作品でもあります。あの、スティーブン・スピルバーグも製作総指揮に名を連ね、そのコーエン兄弟の原点回帰とも集大成ともとれる美しい映像とドラマティックな演出は早くも最高傑作との呼び声が高い作品です。
現在、賞レースでも話題となっている『トゥルー・グリット』は、マスコミのみならず、一般の観客からも支持をされた結果となりました。客層は65%が男性で、その内、70%が25歳以上を占めており、まさしく大人が観る名作としての地位を確立しています。来年のアカデミー賞に向け、数々の賞戦線がスタートされているが、より本作への注目が集まるかたちとなっています。
父親の復讐を誓う14歳の少女マティと彼女に雇われた2人の男の追跡を描く感動のドラマ!
マティ・ロス(ヘイリー・スタインフェルド)は、育ちがよく信念の強い14歳の少女。 ある日、父親が雇い人のトム(ジョシュ・ブローリン)に無残にも撃ち殺された。マティは、父親の形見の銃を譲り受け、犯人に罪を償わせることを心に誓う。彼女は父の仇を討つために“トゥルー・グリット(真の勇気)”があると言われる大酒飲みのアイパッチをした連邦保安官ルースター・コグバーン(ジェフ・ブリッジス)に依頼。そして若きテキサス・レンジャーのラビーフ(マット・デイモン)も加わり、3人にとっての<真の勇気>が試される時が訪れるのだった・・・
監督・製作・脚色:ジョエル&イーサン・コーエン『ノーカントリー』『ファーゴ』『バートン・フィンク』
製作総指揮:スティーブン・スピルバーグ『インディ・ジョーンズ/クリスタルスカルの王国』『ターミナル』
出演:ジェフ・ブリッジス『クレイジー・ハート』、『トロン:レガシー』、マット・デイモン『ボーン・アイデンティティ』『オーシャンズ』シリーズ、ジョシュ・ブローリン『ノーカントリー』、『ウォール・ストリート』、ヘイリー・スタインフェルド
原作:チャールズ・ポーティス「トゥルー・グリット」(早川書房より発売予定)
上映時間:1時間50分予定
配給:パラマウント ピクチャーズ ジャパン
『トゥルー・グリット』
2011年3月18日(金)よりTOHOシネマズ六本木ヒルズ他にて全国ロードショー
→『トゥルー・グリット』の記事を探す
→コーエン兄弟の記事を探す
→スピルバーグの記事を探す