MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『英国王のスピーチ』世界の映画賞を席巻中!

映画『英国王のスピーチ』ゴールデン・グローブ賞最多7部門ノミネート!
アカデミー賞最有力候補! 世界の映画賞を席巻中!
本年度のトロント映画祭にて最高賞である観客賞を受賞し、既に2011年度のアカデミー賞最有力候補と話題を呼んでいる『英国王のスピーチ』が2月26日よりTOHOシネマズシャンテ、Bunkamuraル・シネマ他にて公開されることが決定いたしました。
本作は、現イギリス女王エリザベス2世の父にして、この度婚約発表をして世界中の話題をさらっているウィリアム王子の曽祖父に当たるジョージ6世が主人公の歴史ドラマ。吃音症を抱えた内気なジョージ6世が、オーストラリア人言語聴覚士の助けを借りて障がいを克服し、第2次世界大戦開戦にあたって国民を勇気づけ心をひとつにする見事なスピーチを披露して、人心を得るまでを描く感動作です。
主演のジョージ6世には『シングルマン』で世界の映画賞を独占したコリン・ファース、言語聴覚士にはジェフリー・ラッシュ、そしてジョージ6世の献身的な妻をヘレナ・ボナム=カーターが演じるという実力演技派ぞろいの作品で、世界中の話題を呼んでいます。


トロント映画祭の上映で絶賛を浴びてから、全米で驚異的な大ヒットスタート。
先ごろ発表されたゴールデン・グローブ賞では最多7部門ノミネート、アカデミー賞においても、作品賞、監督賞、脚本賞、主演男優賞、助演女優賞など、あらゆる部門でノミネートの可能性が高い作品として、世界から注目されている本作。海外の主要映画賞でも続々と受賞が続き、その快進撃は止まりません。
●これまでの受賞暦
トロント国際映画祭 観客賞
ナショナル・ボード・オブ・レビュー トップ10選出
英国インディペンデント映画賞 作品賞、主演男優賞、助演男優賞、助演女優賞、脚本賞
ワシントンDC映画批評家協会賞 主演男優賞
アメリカ映画協会賞 特別賞
ニューヨーク・オンライン映画批評家協会賞 トップ10選出
ロサンゼルス映画批評家協会賞 主演男優賞
サウスイースタン映画批評家協会賞 主演男優賞 助演男優賞 脚本賞 トップ10選出
サンフランシスコ映画批評家協会賞 主演男優賞 脚本賞
ニューヨーク映画批評家協会賞 主演男優賞
UKリチャード・アッテンボロー賞 男優賞
デトロイト映画批評家協会賞 主演男優賞
サテライト賞 主演男優賞、脚本賞
セントルイス映画批評家協会賞 主演男優賞、脚本賞
フロリダ映画批評家協会賞 主演男優賞
シカゴ映画批評家協会賞 主演男優賞
オースティン映画批評家協会賞 主演男優賞
ブラック映画批評家協会賞 主演男優賞
女性映画批評家協会賞 男優賞、男性イメージ賞
●ストーリー
真のリーダーに必要なものとは?
英国史上最も内気な国王がジョージ6世が、自らを克服し、国民に愛される本当の王になるまでを描いた、感動の実話。
子供の頃から悩む吃音のために無口で内向的な、現エリザベス女王の父、ジョージ6世。
しかしヒトラー率いるナチスドイツとの開戦に揺れ国民は王の言葉を待ち望んでいた。
型破りのセラピストとの友情と、妻の深い愛情に支えられ、一世一代のスピーチに挑む―。
監督:トム・フーパー
出演:コリン・ファース『シングルマン』、ジェフリー・ラッシュ『シャイン』、ヘレナ・ボナム=カーター『アリス・イン・ワンダーランド』ほか
『英国王のスピーチ』
2011年2月26日(土)TOHOシネマズ シャンテ、Bunkamuraル・シネマ他全国順次公開
→『英国王のスピーチ』の記事を探す