MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『グリーン・ホーネット』来日決定&5大都市全国一斉3Dプレミア試写会同時開催

『グリーン・ホーネット』
セス・ローゲン、ジェイ・チョウ、ミシェル・ゴンドリー監督 来日決定!
5大都市全国一斉3Dプレミア試写会同時開催
2011年、新年の幕開けにふさわしい<おめでたい>奴らがやってくる!
ダメな2代目社長とイケてるお抱え運転手が大活躍するバディ・アクション映画『グリーン・ホーネット』の主演俳優 セス・ローゲン(初来日)とジェイ・チョウ、そして監督のミシェル・ゴンドリーが来年1月の公開直前に来日し、映画のプロモーションを行います。
公開前々日の20日には、東京(六本木、銀座)、大阪、名古屋、福岡、札幌の5大都市で同時刻にジャパンプレミア試写会が開催されます。3D映画のプレミア試写会が同時に5大都市で開催されるのは初めてのことです。


東京会場の六本木ではプレミア上映前に、来日ゲストが『グリーン・ホーネット』ならではの“グリーン・カーペット”を歩き、また“3Dアクション”を意識した<何かが飛び出す>舞台上で、約1000人のファンを前にプレミアイベントを実施予定。
また、このプレミアイベントにはジェイ・チョウ演じるカトーにちなんで、名字が<カトーさん>の方が優先的に招待されます。
セス・ローゲン 1982年生まれ
カナダ出身。ジャック・ブラックなどの“フラット・パック”世代の後継者として注目の俳優兼脚本家。ジャド・アパトーに招かれ、ハリウッド映画デビュー。『40歳の童貞男』、『無ケーカクの命中男/ノックトアップ』や『スーパーバッド 童貞ウォーズ』が全米で大ヒット!
『グリーン・ホーネット』でいよいよアクション映画にも進出!
ジェイ・チョウ 1979年生まれ
台湾出身の作曲家、歌手、俳優とマルチに活躍するアジアの大スター。現在、中国企業だけでも33社と契約し、「広告収入だけで数億人民元になる」と台湾メディアが報道したほど。『グリーン・ホーネット』でアジアから世界のプリンスになる日も近い!
ミシェル・ゴンドリー監督 1963年生まれ
フランス出身。ビョークやザ・ローリングストーンズ、ダフト・パンクなどのミュージックビデオからNIKE、GAP、コカ・コーラのCMまで手掛ける気鋭の監督。『エターナル・サンシャイン』でアカデミー脚本賞を受賞。独特の映像センスに定評がある。『グリーン・ホーネット』で初の3D映画に挑戦!
●作品情報
幼くして母を亡くし、新聞社の創業者である父に厳格に育てられたブリット・リードは、その反動か、絵に描いたような放蕩息子ぶり。ところが、父が蜂に刺され死に、突然社長の座についたブリットは、父の運転手カトーとともに、正義に目覚め、ロスの町を一掃する決心をする。
カトーは、実は天才発明家で、秘密裏に父と数々のハイテクマシンを発明していた。彼の発明の最高峰、ハイテク装置満載の愛車《ブラック・ビューティー》を駆って、二人は全身をグリーンのスーツとマスクに包み、自分たちを“グリーン・ホーネット”(緑の蜂)と命名。
ワルのほうがワルには近づきやすいと考えたブリットは、才色兼備でジャーナリスト志望の秘書レノアのマスコミ操作力を借り、自らの新聞社の記事で“グリーン・ホーネット”を新たなワルとして盛り立てつつ、ロスの悪党どもを斬っていく。そんなとき、父の急死に暗黒街の王ベンジャミン・コドンフスキーが絡んでいることを知ったブリットとカトーは、警察、検察、新聞社、暗黒街すべてを欺く大死闘に立ち上がる!
監督:ミシェル・ゴンドリー
出演:セス・ローゲン/ジェイ・チョウ/キャメロン・ディアス/クリストフ・ヴォルツ
『グリーン・ホーネット』
2011年1月22日丸の内ピカデリー他 全国ロードショー
→『グリーン・ホーネット』の記事を探す