MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『最後の忠臣蔵』時代劇映画として初の日米同時公開が決定!!

ハリウッドも認めた、これぞ“ニッポン”の映画!!
時代劇映画として初の日米同時公開が決定!!
『最後の忠臣蔵』
12月18日(土) 日米同時公開!
12月18日(土)より公開します映画『最後の忠臣蔵』が時代劇としては異例の日米同時公開(アメリカ公開は、12月17日(金))が決定しました。
今回の上映決定の経緯としては、10月11日(月)に実施されたLAプレミア試写会が大好評を得たことがきっかけ。
その試写会で作品を観た米国ワーナーマイカル代表取締役社長のミラード・L・オゥクス氏からのオファーで今回の異例の日米同時公開が実現しました。
『ミッドナイト・イーグル』(2007/松竹)、『REDLINE』(2010/東北新社)に次ぎ、邦画としては3作目の日米同時公開作。時代劇としては史上初の日米同時公開となります。


●ワーナーマイカル代表取締役社長:ミラード・L・オゥクス氏のコメント
Q1:映画『最後の忠臣蔵』はいかがでしたか?
先月、杉田監督と役所さん、桜庭さんが舞台挨拶をした試写会で『最後の忠臣蔵』を拝見しました。アメリカでは字幕付きで映画を観ることがほとんどないため、上映が始まっても場内は完璧な静寂に包まれていました。
しかし、物語が進むにつれて、観客もどんどん映画に引き込まれていくのを肌で感じました。この作品はとても力強く、美しい。そして出演者たちの感情表現が素晴らしく、私の心に鮮明に焼き付いています。ラストシーンは特に素晴らしく、愛と忠義が極限まで描かれています。この作品がアメリカの観客に受け入れられることを願っています。また口こみで広がる作品だと信じています。個人的にこの作品はアカデミー賞にノミネートされるべき作品だと思っています。
Q2:『最後の忠臣蔵』は時代劇としてはじめて、日米同時公開されることとなりました。映画の本場“アメリカ”の観客にこの作品はどう評価されるでしょうか?
アメリカの観客もこの作品をあたたかく受け入れてくれると信じています。
本作にはドラマチックな部分はもちろん、人間の喜怒哀楽が描かれており、感情に訴えかける作品だと思っています。
●公開情報
公開時期:12月17日(金)~12月31日(金)の2週間上映が決定
上映劇場:Mann Chinese6
※同じMann Theatreチェーンで、世界的にハリウッドスターの手型、足型で有名なGrauman’sChineseTheatreの目の前にあります。まさに、ハリウッドのど真ん中で“映画の聖地”での上映です。現在、現地での舞台挨拶も検討中です。邦画としてはじめてこの劇場で公開されます。
●『最後の忠臣蔵』ストーリー
誰もが知る<忠臣蔵>の、誰も知らない<2人の生き残り>
それは<生きろ>という、過酷な使命。
討入りから16年、死ぬことを許されなかった男たちの物語とは――
大石内蔵助以下、四十七士全員が切腹し、事件はとっくに終わったと思われていた。しかし、一人だけ死ぬことを許されず、密かにそして懸命に生き抜いた男がいる。
寺坂吉右衛門(佐藤浩市)、真実を後世に伝え、討ち入り浪士の遺族を捜し出して援助するという大役を、大石内蔵助に与えられた。とうとう最後の遺族を探し当てた吉右衛門は、四十六士の十七回忌法要に参列すべく、京都へと向かった。
京への道すがら、吉右衛門は我が目を疑った。片時も忘れたことのない、かつての友の姿を見かけたのだ。瀬尾孫左衛門(役所広司)、討ち入りの前日、逃亡した男だ。若くして妻を失い、子もなく、主君内蔵助への忠義のために喜んで死ぬと誓いあった友がなぜ? それは、16年後の今も解けない謎だった。
実は、孫左衛門にも、ある使命が与えられていた。身分を隠し、骨董の売買で暮らしを立てている彼が、命を捧げる決意を燃やす使命とは?
そこには、大石内蔵助の隠し子、可音(桜庭ななみ)の存在があった──。
原作:池宮彰一郎「最後の忠臣蔵」(角川文庫刊)
監督:杉田成道
脚本:田中陽造
音楽:加古隆
出演:役所広司、佐藤浩市、桜庭ななみ、山本耕史、風吹ジュン、田中邦衛、伊武雅刀、笈田ヨシ、安田成美、片岡仁左衛門(特別出演)
製作:「最後の忠臣蔵」製作委員会
配給:ワーナー・ブラザース映画
『最後の忠臣蔵』
12月18日(土) 日米同時公開!
→『最後の忠臣蔵』の記事を探す