MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

キスは1日10回以上!『キス&キル』藤本美貴さんトークショー

『キス&キル』KESSES presents 藤本美貴さんトークショーイベントのご報告
11月22日(月)汐留にて、この冬、最高のラブ・エンタテインメント『キス&キル』とハーシーキスチョコとのコラボイベントが実施されました。
映画『キス&キル』が新婚カップル2人が主人公のラブ・エンタテインメント映画である事、そして本日が良い夫婦の日(11月22日)であることにちなみ、過去にナイス・カップル賞も受賞された藤本美貴さんをゲストに招き、旦那様の庄司さんとのキスにまつわる話題で会場は大いに盛り上がりました。


●イベント詳細
日時:11月22日(月)<いい夫婦の日>
場所:スペースFS汐留
登壇者:藤本美貴さん
藤本さんは主演のアシュトン・カッチャーの超イケメンぶりと、その抜群の肉体美を「旦那よりかっこいい! 度肝を抜かれるようなステキな体です」と絶賛。
(映画では旦那が奥さんに自分がスゴ腕のスパイであることを秘密にしているという設定にちなみ)
Q:旦那様(品川庄司の庄司さん)が必死で隠しているけれど、実は知っている秘密などありますか?
藤本美貴:高価な服を買う時はお互いに報告をしよう、2人で相談してOKであれば買っていい、ということになっているのに、実は私に相談をしていない革ジャンの存在を私は知っています! 向こうは気づいてないと思っているみたいですけど(笑)
Q:逆に藤本さんが庄司さんに秘密にしている事って?
藤本美貴:私も洋服が大好きなんですけど、実はまだ(庄司さんに)買った事を言ってない靴があります(笑)。『その靴、どうしたの?』って言われるのが怖くて、まだ履けてないんです。早く旦那さんが地方のお仕事とかに行ってくれないかなと思っているんですけど(笑)。
Q:今回は映画『キス&キル』とハーシーズのキスチョコの“キス”繋がりイベントということですが、キスにまつわるエピソードは?
藤本美貴:1日に10回以上はキスしてます。その中にも “レギュラー・チュー”と、“イレギュラー・チュー”があり、“レギュラー・チュー”は「おはよう」とか「おやすみ」とか「いってきます」などで、“イレギュラー・チュー”は、「ごはん、おいしかったよ」とか一緒にTVを観た時に不意にするキス。感情表現としてキスは日常茶飯事。うちはアメリカンな家だと思います(笑)愛情表現はしっかりとってますね。
Q:藤本さんにとって理想のキスはどんなシチュエーションですか?
藤本美貴:駅のホームとかで(キスを)している若者が、若干羨ましくなったりします(笑)自分ではやらないですけど、羨ましい気持ちにはなります。若いって素敵。
イベント後半には、ハーシージャパン代表岡本氏から藤本さんに「キスチョコのように甘い、いい夫婦賞」のトロフィーを贈呈。このトロフィーは、いい夫婦にちなみ、なんと1122個分のキスチョコで作られており、(重さは5.4kg)、藤本さんは「超カワイイ」を連発。トロフィーに向けてキスするポーズも披露。
●ストーリー
運命的な恋に落ち、幸せな結婚生活を送っていたスペンサーとジェン。
やっと出会えた理想の相手。だが、彼には人に言えない“危険”な秘密があった―!
不器用だけど、誰もが応援したくなる<身分違いの恋>に、この冬、あなたの恋も熱くなる!!
ジェン(キャサリン・ハイグル)は、失恋の傷を癒すバカンス中、信じられないほど素敵な男性スペンサー(アシュトン・カッチャー)に出逢う。一目で恋に落ちたふたりは、美しいリゾート地でデートを重ね、見事ゴールイン。優しくてハンサムな夫との夢の新婚生活。しかし、彼には、平和な日常を一変させる、ある“危険”な秘密があった・・・。なんとスペンサーは、元・CIAの凄腕スパイだったのだ!彼の命を狙う敵を相手に、ジェンも銃を手にして戦うはめに。一筋縄ではいかない2人の愛が、今、試される!
本作の監督、ロバート・ルケティックは、『キューティ・ブロンド』で世界中の女性たちを虜にしたロマンティックコメディの第一人者。主演は、テレビドラマ「グレイズ・アナトミー」シリーズでブレイクし、『幸せになるための27のドレス』『男と女の不都合な真実』の大ヒットで、次世代“ロマコメの女王”として注目されるキャサリン・ハイグル。彼女が恋に落ちる<理想の男性>に選ばれたのは、『バタフライ・エフェクト』『ベガスの恋に勝つルール』など、多くのヒット作に主演してきた実力派スター、アシュトン・カッチャー。ハリウッドで最も旬なメンバーが、この冬一番のトキメキとスリルをあなたに届けるだろう。
監督:ロバート・ルケティック『キューティ・ブロンド』、『男と女の不都合な真実』
出演:アシュトン・カッチャー『ベガスの恋に勝つルール』、キャサリン・ハイグル『幸せになるための27のドレス』、トム・セレック『スリーメン&ベビー』、キャサリン・オハラ『ホーム・アローン』
原題:KILLERS/2010年/アメリカ映画/カラー/101分/シネスコサイズ/ドルビーSR、ドルビーデジタル、SDDS/字幕翻訳:伊原奈津子
配給:ギャガ powered by ヒューマックスシネマ
(c)2010 Lions Gate Films Inc. All Rights Reserved.
『キス&キル』
12月3日(金)TOHOシネマズ有楽座他全国ロードショー!
→『キス&キル』の記事を探す