MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『鋼の錬金術師 嘆きの丘(ミロス)の聖なる星』2週連続スクリーンアベレージ第1位!

7月2日(土)より新宿ピカデリー他にて全国公開中の『鋼の錬金術師 嘆きの丘(ミロス)の聖なる星』が、7月9日公開作品もおさえ、2週連続でスクリーンアベレージ(1スクリーンあたりの興行収入)第1位となりました!
また、パリで開催された日本以外で世界最大の日本文化とエンターテイメントを紹介するイベントであるJAPAN EXPOで日本と同日上映されたが、その後、アメリカ、アジア各国で続々上映が決定しました。
7月29日からアメリカのボルチモアで開催されるアメリカ東海岸の最大のアニメイベント“OTAKON”で北米プレミア上映が決定。会場には村田和也監督が公式ゲストとして招待されています。その後来春には全米で公開される予定。


香港では7月29日から開催されるアニメ・コミック・イベント“ACG HK”で前売を開始し、11月上旬に8館(香港の全劇場数は30館)の予定で公開される事が決定。
シンガポールでは8月26日から一般公開され、台湾でも今秋に劇場公開されることが決まっています。
『鋼の錬金術師 嘆きの丘(ミロス)の聖なる星』は現在日本で大ヒット上映中だが、その後世界で続々とプレミア上映、一般公開が決まるなど、日本発のアニメ・コンテンツの強さを見せつけることになりました!
●『鋼の錬金術師 嘆きの丘(ミロス)の聖なる星』ストーリー
アメストリスの首都・セントラルにある中央刑務所。刑期終了を間近に控えたひとりの囚人が、この刑務所から脱獄を果たした。その男――メルビン・ボイジャーが操る強力な錬金術に興味を惹かれたエドワードと弟のアルフォンスは、男の跡を追ってアメストリスの西、大国・クレタとの国境を目指すことになる。
彼らがたどり着いた先は、巨大な崖に周りを囲まれた街・テーブルシティ。かつて「ミロス」と呼ばれていたこの地で、ふたりはジュリアという一人の少女に出会う。少女の言葉に導かれ、エドたちはこの地に隠された、血塗られた歴史を知ることになるのだった……。
配給:松竹・アニプレックス
(C)荒川弘/HAGAREN THE MOVIE 2011
『鋼の錬金術師 嘆きの丘(ミロス)の聖なる星』
新宿ピカデリーほか全国大ヒット上映中!
→『鋼の錬金術師』の記事を探す
→アニメの記事を探す