MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『しあわせの雨傘』、フランスにて大ヒット1位スタート!!

映画『しあわせの雨傘』初登場第1位 フランス大ヒット!!のご報告
フランソワ・オゾン監督最新作 主演:カトリーヌ・ドヌーヴ『8人の女たち』以来の強力タッグで贈る、フレンチ流・人生讃歌!!
先日、東京国際映画祭で主演のカトリーヌ・ドヌーヴが来日を果たし、話題を呼んだ映画『しあわせの雨傘』が、この度本国のフランスで11月10日に公開を迎え、同日公開のトッド・フィリップス監督(『ハングオーバー! 消えた花ムコと史上最悪の二日酔い』)の最新コメディ『デュー・デート ~出産まであと5日!史上最悪のアメリカ横断~』やトニー・スコット監督最新作、デンゼル・ワシントン主演のアクション大作『アンストッパブル』、人気スリラーシリーズの最新作『ソウ ザ・ファイナル3D』などを抑え、初登場 第1位の動員(2010/11/10~14)を記録しました。館アベもダントツの1位となります。
●興行成績
2010年11月10日~14日 フランス興行成績ランキング


☆1位:しあわせの雨傘
公開館数440/動員数751,420/館アベ1708/週数1
☆2位:Les petits mouchoirs (Little White Lies)
公開館数629/週数4
☆3位:デュー・デート ~出産まであと5日!史上最悪のアメリカ横断~
公開館数385/動員数377,888/館アベ982/週数1
☆4位:アンストッパブル
公開館数430/動員数316,175/館アベ735/週数1
☆5位:ソウ ザ・ファイナル3D
公開館数181/動員数301,989/館アベ1668/週数1
このオープニング成績は、2010年公開のフランス映画の中では第3位記録となり、フランソワ・オゾン監督のこれまでの作品の中では『8人の女たち』に次ぐ大ヒットとなります。2週目からは1週目に440だったプリント数を拡大し、542のプリントで公開して参りますので、今後の成績にも期待が寄せられます。
日本での公開は、2011年正月第2弾の1月8日(土)となります。フランスの大ヒットに続き、日本での盛り上がりにもご期待下さい!
●ストーリー
スザンヌ(ドヌーヴ)は、朝のジョギングを日課とする優雅なブルジョワ主婦。
夫のロベールは雨傘工場の経営者で、「妻は美しく着飾って夫の言うことを聞いていればいい」という完全な亭主関白だ。ところがある日、ロベールが倒れ、なんとスザンヌが工場を運営することに。ブルジョワ主婦ならではの感性で、傾きかけていた工場は大盛況!だが、新しい人生を満喫する彼女のもとに、退院した夫が帰ってきた・・・。夫、子供、昔の恋人、そして工場の従業員たちと繰り広げる、涙あり笑いありの人生讃歌!映画史に刻まれる名作『シェルブールの雨傘』を彷彿とさせる色とりどりの傘に囲まれ、フランス大女優がふたたび大輪の花を咲かせる―。
監督/脚本・脚色:フランソワ・オゾン
キャスト : カトリーヌ・ドヌーヴ、ジェラール・ドパルデュー、ファブリス・ルキーニ、カリン・ヴィアール、ジュディット・ゴドレーシュ、ジェレミー・レニエ ほか
『しあわせの雨傘』
2011年1月8日(土)TOHOシネマズ シャンテ、新宿ピカデリー他にて全国順次公開
→『しあわせの雨傘』の記事を探す
→カトリーヌ・ドヌーヴの記事を探す