MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『恋とニュースのつくり方』初日決定! &NYワールドプレミア・リポート

パラマウント ピクチャーズ ジャパン配給、『恋とニュースのつくり方』(原題:Morning Glory)が、2011年2月25日(金)より丸の内ピカデリー他にて全国公開することが決定しました。
本作品は『プラダを着た悪魔』の脚本家アライン・ブロッシュ・マッケンナと『ノッティングヒルの恋人』の監督ロジャー・ミッシェルが贈る、ニューヨークのTV業界を舞台に、恋に仕事にがんばる女性を描いたサクセス・ストーリーです。


『きみに読む物語』で注目を集めた女優レイチェル・マクアダムスが、仕事に熱心な若手TVプロデューサーの主人公ベッキーを爽やかに演じています。そして、ベッキーの前に立ちふさがる番組のベテランキャスターの2人を、『インディ・ジョーンズ』シリーズのハリソン・フォードと『恋愛適齢期』のダイアン・キートンという豪華実力派俳優が競演。その他にも、『オペラ座の怪人』のパトリック・ウィルソンや『ジュラシック・パーク』のジェフ・ゴールドブラムが脇を固めています。製作は、『M:i:III』『スター・トレック』のJ.J.エイブラムスが担当。
●NYワールドプレミア・リポート
全米公開11月10日に先立ち、ニューヨークで11月7日(日)19:00(現地時間)から、『恋とニュースのつくり方』のワールドプレミアがマンハッタンのジーグフェルド劇場にて行われた。
主人公ベッキーをキュートに演じたレイチェル・マクアダムスは、「スクリーンで子供のころから観てきたハリソンと共演できるのは夢のようだったわ」と大スター、ハリソン・フォードとの共演の感想をコメント。
伝説のニュースキャスターを演じたハリソン・フォードは、キャスターという仕事についての質問に「私は今の俳優の仕事で満足だね」と答え、レイチェルに関しては「若くそして才能のある女優だ。共演できて光栄だった」と大絶賛だった。
その他にはダイアン・キートン、パトリック・ウィルソン、ジェフ・ゴールドブラム、ロジャー・ミッシェル監督や、プロデューサーのJ.J.エイブラムスが登場し、ひと際にぎやかなプレミアとなった。
監督:ロジャー・ミッシェル『ノッティングヒルの恋人』
製作:J.J.エイブラムス 『M:i:III』、『クローバーフィールド HAKAISHA』、『スター・トレック』
脚本:アライン・ブロッシュ・マッケンナ『プラダを着た悪魔』、『幸せになるための27のドレス』
出演:レイチェル・マクアダムス『きみに読む物語』、『シャーロック・ホームズ』
ハリソン・フォード『インディ・ジョーンズ』シリーズ
ダイアン・キートン『恋愛適齢期』
パトリック・ウィルソン『オペラ座の怪人』、『リトル・チルドレン』
2010年11月10日 全米公開
『恋とニュースのつくり方』
2011年2月25日(金) 丸の内ピカデリー他全国ロードショー
→『恋とニュースのつくり方』の記事を探す