MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『REDLINE』海外映画祭出品続々決定中! 韓国・プチョン国際学生アニメ映画祭オープニング上映は大盛況

製作期間7年。CG全盛の時代に、コンピューターで計算しきれない「誤差」と「歪み」の表現にこだわりつくし描いた作画枚数10万枚! 大ヒット公開中の超刺激的な究極のアニメーション映画『REDLINE』(東北新社配給)が、韓国のプチョン国際学生アニメ映画祭2010(11月5~9日)でオープニング作品として招待され、11月5日(金)プチョン市内で上映されました。
プチョン市長や韓国の俳優など多くの著名人が集まったオープニング上映会。当日のチケットは即日完売し、想定以上のオンラインアクセスに一時サーバーがダウンしてしまうほど! 世界各国のアニメ作品が集う中、同映画祭の目玉作品として注目度の高さを伺わせました。また、満席となった400人収容の会場では、同作品のプロデューサーである木村大助氏がオープニングスピーチに登壇。『REDLINE』の「こだわり」「制作秘話」などの説明があると、観客は大いに盛り上がり、大興奮のまま本編に突入。ラストシーンではあまりの迫力に思わず声をあげる方も多数いらっしゃいました。
上映が終了すると、会場からは数分間拍手が鳴り止まず、『REDLINE』の韓国デビューは、大盛況に終わりました。


『REDLINE』はこのほか既にスペイン、イギリスなど8地域の海外映画祭に招待上映されており、今後もアメリカ、インドネシア、ベトナム、リトアニアなど世界各国から出品オファーが殺到中。日本発、究極のアニメーション映画『REDLINE』は世界を走り続けます!!
●ストーリー
遠い遠い未来の話。
初恋の彼女を振り向かせるために、限界を超えて走るウルトラ純情野郎JP!
ずっとずっと未来の話。四輪がエアカーに代わろうとする時代。リーゼントに革ジャンでクールに決めるが、実はとってもシャイなウルトラ純情野郎のJP(木村拓哉)。彼は、かつて本気で走るかっこよさを教えてくれた初恋の女性ソノシー(蒼井優)をふり向かせる為に、今でも走り続けていた。
ソノシーが優勝を目指す<REDLINE>は5年に一度開催される宇宙最速を決める最大の祭典。JPの相棒フリスビー(浅野忠信)が用意した最高の車に乗り込むが、そこには爆弾が仕掛けられていた・・・。友情、裏切り、そして愛。果たして運命は?
製作:二宮清隆
企画:丸山正雄
エグゼクティブプロデューサー:福島正浩
プロデューサー:吉田健太郎、小池由紀子
アソシエイトプロデューサー:木村大助
原作・脚本・音響監督:石井克人『Party7』、『茶の味』
監督:小池健『アニマトリックス”World Record”』
脚本:榎戸洋司『新世紀エヴァンゲリオン』、櫻井圭記『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』
音響監督:清水洋史
音響効果:坂本典之
整音:丸井庸男
音楽:ジェイムス下地
アニメーション制作:マッドハウス
配給:東北新社
宣伝:KICCORIT/アルシネテラン
<2010年/カラー/102分>
(C)2010 石井克人・GASTONIA・マッドハウス/REDLINE委員会
『REDLINE』
新宿バルト9ほかにて大ヒット公開中!!
→『REDLINE』の記事を探す
→アニメの記事を探す