MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『クレイジーズ』八名信夫さん出演TVスポット解禁!!

『クレイジーズ』
八名信夫さん出演TVスポット 解禁!!
「まず~い!!もう一杯!!」 あの「キューサイ」幻のCMが、20年ぶりに甦る!
伝説の巨匠ジョージ・A・ロメロ監督が『ゾンビ』(1978)の前に作り上げた幻の傑作『ザ・クレイジーズ/細菌兵器の恐怖』(1973)をもとに作られた「最新型感染サバイバル映画」の決定版『クレイジーズ』。
今回、「キューサイ青汁」の「まず~い!もう一杯!」でお馴染み、「悪役商会」代表の俳優・八名信夫さん(75)が出演するTVスポットが解禁となった。


細菌兵器を乗せた軍用機が、ある小さな町の川に墜落し、その水を飲んだ人々が次々に狂暴化、平和な町がパニックに陥るという本作。八名さんといえば、1980年代「キューサイの青汁」のCMでお馴染みですが、今回は本作の題材でもある「感染水」を飲んだ後、あの伝説の「青汁」CMの名台詞、「まず~い! もう一杯!」が甦る!
撮影時には、八名さん本人の発案により、「なんじゃ! この水は~!」バージョンも追加収録。
その際、秒数的にオーバーしてしまうと、「本編切ればいーじゃねーか」など、八名さんらしい脅しジョークも飛び交い、終始緊張と賑わいが続くCM撮影となった。
映画「クレイジーズ」TVスポットCMは現在オンエア中。“感染水”を飲んだ後の八名さんの渋~い表情は必見です!
●作品内容
細菌兵器を乗せた軍用機が、ある小さな町の川に墜落した。漏れ出したウィルスにより水を飲んだ人々は次々と凶暴化、平和な町はパニックに陥る。軍は事件を秘密裏に処理するため、住民を隔離し始める。
保安官デヴィッドの妻も感染者とみなされ隔離されてしまった。彼は妻を助け出し、同僚のラッセルと共に町を離れようと決意する。潜伏期間は48時間。元は友人なのに凶暴化
して襲いかかってくる感染者、大量の武器で町全体の焼却を迫る軍隊。果たして彼らは、この「狙われた町」から脱出できるのか…!?
単に「生き残り」と「感染者」の対決だけでなく、「感染者も正常者もすべて証拠隠滅」と軍隊が町全体を包囲する様が壮大なスケールで描かれ迫力十分。息つく間もない展開に冒頭からラストまでスクリーンにクギ付けになる!
●作品データ
ティモシー・オリファント『ヒットマン』『ダイ・ハード4.0』、ラダ・ミッチェル『サロゲート』、ジョー・アンダーソン『アクロス・ザ・ユニバース』、ダニエル・パナベイカー『13日の金曜日』
監督:ブレック・アイズナー『サハラ 死の砂漠を脱出せよ』
製作総指揮・オリジナル脚本: ジョージ・A・ロメロ『ゾンビ』
2010年/アメリカ/カラー/SRD・SDDS・DTS/スコープサイズ/101分/日本語字幕:中川綾 [PG-12]
サウンドトラック:ランブリングレコーズ 提供:ハピネット、ショウゲート
配給:ショウゲート
宣伝:マンハッタンピープル
(C)2010 Overture Film, LLC ALL RIGHTS RESERVED.
『クレイジーズ』
11月13日(土)より、池袋シネマサンシャイン、TOHOシネマズ 六本木ヒルズほか全国ロードショー
→『クレイジーズ』の記事を探す