MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ』公開記念 美川憲一&高橋ジョージ トークショー

『ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ』美川憲一&高橋ジョージ
映画公開直前イベント 演歌界+ロック界 異色のトークショー!!
美川「あなた、今日の格好、ジョン・レノンになりきっているわね」
高橋「いえいえ、恐れ多い。僕はジョン・のれん(=暖簾)でいいです(笑)」
ブロードメディア試写室にて、11月5日(金)公開の映画『ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ』のトークショーが行われました。「ふたりの母を持つ芸能界のご意見番」美川憲一さん、「芸能界屈指のジョン・レノン ファン」高橋ジョージさんのお二人に、本作の見どころ、“母”への思いなどを語り合っていただきました。
高橋さんはなんと、今日の日のために、ポスターのジョン・レノンそっくりの格好で登場! メガネ、コート、ブーツだけでなく、イギリスから空輸したギターまで。しめて総額50万円! ジョンのソロ曲♪「ビー・バップ・ア・ルーラ」も熱唱してくださいました。


●イベント詳細
日時:11月4日(木)
トークショー出演:美川憲一さん 高橋ジョージさん
美川憲一:私は観たい映画・観たくない映画がはっきりしているんだけど、この映画はぜひ観てとオススメしたいわ。
高橋ジョージ:僕はこの映画を20回観ました。日本公開前のイギリスでも観てきましたよ! すっかりハマっちゃって、今日の衣装も全部自前です!
美川憲一:監督の撮り方がとても良いのよね。男では撮れない、女性監督ならではの感情のきめ細やかさが発揮されているの。
高橋ジョージ:男でも女でもない美川さんが言ってるんだから! その通りですよ!
美川憲一:あら、ごめんあそばせ(笑)
美川憲一:この監督さんと主演のアーロン・ジョンソンは結婚したのよね?
高橋ジョージ:本物の“LOVE”が生まれた映画です。
美川憲一:23歳差ですって!! 女が年上って珍しいわよね~
高橋ジョージ:男はみんなマザコンなんですよ。二人の母がいたジョンもね。
うちは(三船美佳さんと)24歳差だから…ちょっとロリコンも混ざっているかも(笑)
美川憲一:産みの母と、その姉で育ての母である伯母。そんな二人の母がいる環境が、私自身の生い立ちと同じで、この作品は胸に迫るものがあった。本当に涙しました。同じ環境でジョンは世界的な大スターになったけど、「(成功した姿を)見せたい!」という母への思いが、彼を大きくしたのかなと思う。二人の母がジョンを作り上げたのね。
高橋ジョージ:“ジョン・レノン フリーク”として何十本とビートルズ関連の映画を見てきました。過去最高です!!“男女”ではない、“家庭”の愛を描いたラブ・ストーリーです。ジョンを好きな人はもちろん、複雑な家庭環境の人や家庭の絆を確かめたい人にも観てほしい。僕のこれからのバイブルとなる映画です。
美川憲一:本当に。多くの人がこの作品を観て「子供をきちんと育てなければ」と思ってほしいわ!
●ストーリー
世界がまだ見ぬ、誰もまだ知らなかった物語。
それは青春時代を誰よりも傷つきながら走り抜けた青年ジョン・レノンとふたりの母の真実の物語。
1950年代のリヴァプール。ジョン・レノンは伯母ミミに育てられ、反抗期真っ最中の問題児。
彼はある日、近所に実母ジュリアが住んでいることを知る。ジョンに音楽の素晴らしさを教えてくれる自由奔放なジュリアに対し、厳格伯母ミミはジョンに向上心を持った大人になることを望む。母と伯母、それぞれの愛し方―。彼はその愛の違いに心が引き裂かれるとともに、普通とは違う自分の境遇を受け入れることもできない。行き場のない孤独に心がはち切れそうになっていた中で迎えた17歳の誕生日、彼は母たちと自分を巡る哀しみの過去を知ることになる――。
監督:サム・テイラー=ウッド
脚本:マット・グリーンハルシュ
出演:クリスティン・スコット・トーマス、アーロン・ジョンソン、アンヌ=マリー・ダフ
配給:ギャガpowered by ヒューマックスシネマ
『ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ』
TOHOシネマズ 六本木ヒルズ他にて全国絶賛公開中!
→『ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ』の記事を探す