MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『リミット』箱入りほしのあきさん、出してほしーの★イベント

映画『リミット』箱の中から「助けてほし~の!!」ほしのあきさん登壇イベント
目覚めたら、箱の中。脱出不可能。そのとき、あなたを救うのは、誰だ?
ほぼ全編を通して暗闇状態が続くという異色の生き埋めスリラー『リミット』。
11月6日の公開に先立ちまして、ほしのあきさんご登壇により、下記の通りイベント付試写会を行いました。
本作は“目覚めたら地中の棺桶に入れられていた男がなんとか脱出を試みる”という箱の中だけで物語が進行するワンシチュエーションスリラー。会場に運び込まれた棺桶風の木箱を開けると、肌が泥で汚れ、シャツはボロボロというセクシーサバイバルファッションのほしのさんが登場。映画と同じ状況の体験を興奮気味に語り、イベントは盛況のうちに終了いたしました。


●イベント詳細
日時:2010年11月3日(水・祝)14:00
ゲスト:ほしのあきさん
(大きな木箱が場内に運びこまれる)
MC:これは、ある意味映画の主人公でもある、木の箱ですね。
ほしのあき:助けてください!!
MC:あ、この声は女性ですね。どこかで聞いたことあるような。。。。目覚めたら箱の中にいた、ということですね。狭い箱に一人きり、の感想はいかがですか?
ほしのあき:本当に怖いです。真っ暗で苦しいので早く出してください! 助けてくださーい、だしてほしーの!
(箱の側面が開く。手を縛られたほしのさんが登場)
MC:それでは起き上がっていただき、お話を伺いましょう。
ほしのあき:ほしのあきです。こんにちは。本当に苦しかったー! 外は明るいですね。目をつぶっててもあけてても同じなんですよ。さらに手を縛られていると身動きがとれなくて、状況が把握できなくて・・。
MC:一足早く作品をご覧になったとのことですがご感想は?
ほしのあき:本当リアルで、自分も埋まっている状況を想像して観ていたので苦しかったです。自分だったらどうしよう?って思いました。
MC:目覚めたら箱の中にいた主人公、手には携帯。ほしのさんなら誰に電話しますか?
ほしのあき:電話かけまくります! でも自分の携帯じゃないので番号がわからないから・・。覚えているのが、事務所、実家、仲良しのスタイリストさん、とあとは警察。1番に警察に電話をして2番に119番、実家、事務所、仲良しのスタイリストさんの順番でかけますかね。
MC:ではここで実際にそのような状況に陥った時にどう話すか実演してもらいましょう。
ほしのあき:じゃ、事務所にかけますね。(電話をかけるふりをして)
あ、ほしのあきです。
大変なんです! 目がさめたと思ったら真っ暗で箱の中にいて。GPSで探して助けてください! 冗談じゃないんですよ!! 仕事に行く途中で気付いてたらこうなっていたんです。(と力説)
MC:では、最後を覚悟してかけた電話が通じなかったとき、ほしのさんならどんな留守電を残します?
ほしのあき:そうですね、今実演した通り、なかなかそうはいってもエイプリルフールだと勘違いされて信じてもらえなさそうなので、(自分の飼い犬)あずきちゃんを頼みます!と残しますね。自分は助かるのか助からないのかわからない状況なので。
MC:土の中、といえば、チリ鉱山落盤事故では33人の作業員が無事に救出されたことも記憶に新しいですが、ご感想は?
ほしのあき:報道をみていて、ああいう状況でも、喧嘩もあっただろうに一致団結して明るく元気でいるみなさんの姿に感動しましたし、本当によかったと思います。
MC:ありがとうございました!それではこれからご覧になる皆さんに一言どうぞ。
ほしのあき:今さっき私も箱の中にいる状況で、かなりドキドキでパニックするので、映画をご覧になる前には箱の中にいる状況を想像して深呼吸をしてから観てください。
●囲み取材
Q:実際、現実で箱の中にいれられたらどうしますか?
ほしのあき:冷静ではいられませんね。パニックで泣いていると思います。
Q:そういう状況下で一番必要なものはなんですか?
ほしのあき:携帯電話ですかね。この映画を観て携帯電話は常にフルで充電をしておこうと思いました。テレビも見れるし、連絡もできるので。
Q:先ほども質問しましたが、番号を覚えているのは誰ですか?
ほしのあき:いや、本当に少ないですよ。自分の電話番号すら今わからないので。
先ほど挙げた事務所、実家、仲良しのスタイリストさんしか覚えてないです。
(彼のはどうですか?という問いかけがあり)彼のも覚えていません。
携帯電話が出現する前は友達の家の住所すら覚えていたんですけど。この映画を観てなるべく色々な人の番号は覚えておこうと思いました。
Q:映画のタイトルが『リミット』ですが、ほしのさん自身、『リミット』を感じることはありますか?
ほしのあき:うーん。今のところ迫られるものはないですね。自分が気づいていないだけかもしれませんが。
(新人のグラビアアイドルがどんどん出てくる状況は?)そうですね、危機を感じなければならないかもしれませんが、自分とは種類が違うかな・・と。(グラビアをやるリミットは?)全然これからもグラビアはやっていくつもりです。
Q:結婚のリミットは感じていますか?
ほしのあき:自分の中では全然焦っていないです(笑)。可愛いドレスが着れるうちにできればいいかなと。昔は20歳で結婚したいと思っていたし、次は28歳までには!とどんどんずれてきているので。40歳にならない30代のうちにできればしたいです。
(年内結婚の可能性を問われ)そういうサプライズは年内には多分、いや絶対ないですね。でも良い恋愛はしています。交際も順調です。
Q:それでは映画を観る方に向けて一言お願いします。
ほしのあき:ずっと箱の中にいて、その中でも色々な物語がある今までに観たことがない映画になっているので、ぜひ見てください!!
●ストーリー
目覚めたら、土の中。
手元にあるのは
[1]携帯電話 [2]ライター [3]ナイフ [4]ペン [5]酒
そして・・・
[6]残り90分の酸素
イラクで突然襲われた米国人トラック運転手ポール・コンロイ。彼が目を覚ますと、そこは、土の重さがのしかかる閉ざされた箱の中だった…。
残り90分の酸素しかない閉ざされている場所、手元にあるものは、充電切れ間近の見慣れない携帯電話。そして毎秒ごとに迫りくる死…果たして彼はそこから脱出できるのか? そして彼がそこに埋められた目的は?
主演、ポール・コンロイを演じるのは『ウルヴァリン:X-MEN ZERO』で成長著しい若手注目株ライアン・レイノルズ。この演じるには困難なワン・シュチュエーションの中で、苦悶、パニック、絶望、冷静さ、諦め、怒り、恐怖、希望、悲しみ、痛みの全てを表現し、観客をスクリーンに釘付けにしている。記憶にある番号をつてに、自分なら[どこの]、[誰に]電話をするのか。この冬、あなたの理性が試される。
主演:ライアン・レイノルズ
監督:ロドリゴ・コルテス/スペイン/2009年/カラー/95分/北米配給:LION SGATE
北米公開 2010年9月24日
提供・配給:ギャガ
(C)2009 Versus Entertainment S.L. All Rights Reserved.
『リミット』
11月6日(土)シネセゾン渋谷他全国順次ロードショー
→『リミット』の記事を探す