MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『キック・アス』ヒット・ガール緊急来日決定!

“ヒット・ガール”クロエ・グレース・モレッツ 初来日!のお知らせ
この度、全米でまさかのNo.1に輝き、作品へのファンの熱を受けて12月18日に待望の日本公開が決定しました映画『キック・アス』の緊急ニュースです。
すでに本作をご覧になった方には同意いただけると存じますが、劇中、主役のキック・アスを凌駕する活躍を見せる、あの11歳(撮影時)の少女、ヒットガールを演じたクロエ・グレース・モレッツの初来日が、急遽決定しました!
彼女のキレ&迫力満載のアクションシーンは映画誌に残るに名シーンとして語り継がれることはもちろん、そのキュートさと強さ、格好良さでも、瞬く間に老若男女すべての観客のハートをつかんだ、クロエ・グレース・モレッツ。現在、主演をつとめるマーティン・スコセッシ監督の新作の撮影中で、今、最も注目すべき新世代ミューズです。


●クロエ・グレース・モレッツ プロフィール
わずか5歳でデビュー。ニューヨークで活動を始め、数多くの出版物やTVコマーシャルに登場し、国民的モデルとなった。6歳で女優へ転向。米CBS放送の「堕ちた弁護士 ニック・フォーリン」(2001~2004/サイモン・ベイカー共演)に出演。その後すぐに、インディペンデント作品『THE HEART OF THE BEHOLDER』(2005)で映画デビューを飾る。その直後には、マイケル・ベイ製作のリメイク版『悪魔の棲む家』(2005/ライアン・レイノルズ共演、MGM作品)に主要な役で出演が決定。幅広い感情表現が求められる役柄を演じ、称賛を浴びた。最近の出演作に、2010年4月2日、米国で20世紀FOXより公開された『DIARY OF A WIMPY KID』がある。
さらに、全米10月公開の新作『LET ME IN』(マット・リーヴス脚本兼監督)では主演を務める。同作は、スウェーデンの小説『ぼくのエリ200歳の少女』のハリウッドリメイク版である。過去作として、『(500)日のサマー』、『NOT FORGOTTEN』(パズ・ベガ、サイモン・ベイカー共演)にも出演。
そのほかの近作に、サスペンスホラー『アイズ』(2008/ジェシカ・アルバ共演、ライオンズゲート作品)がある。人気TVシリーズ「デスパレートな妻たち」(2004~)にもゲスト出演している。
先日、宇多田ヒカルの翻訳で話題になった絵本「エミリー・ザ・ストレンジ」の実写版映画で主演のエミリーに抜擢されたことも話題になったばかり。
現在、マーティン・スコセッシ監督の新作3D映画『ユゴーの不思議な発明(仮)』の撮影中。こちらでは、ジュード・ロウとの共演が決定している。
『キック・アス』
12月18日(土)より、渋谷シネセゾン他全国順次ロードショー!
→『キック・アス』の記事を探す