MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『バーレスク』セクシー過ぎる歌姫クリスティーナ・アギレラ初主演映画で来日決定!

全世界トータル・セールス3000万枚、グラミー賞4部門受賞歴を誇り、デビュー以来10年以上に渡り世界中を魅了し続けるクリスティーナ・アギレラ。今回初主演映画『バーレスク』のプロモーションで3年ぶりの来日が決定した。
12月5日(日)に日本に到着し、6日(月)と7日(火)の2日間、都内にて来日記者会見や来日イベントを行う予定。
クリスティーナ・アギレラといえば、圧倒的な歌唱力とセクシーで挑発的なパフォーマンスで知られる人気の歌姫。美しく強く、常に最先端を走る彼女の影響を受けた日本のアーティストも数多い。
そんな彼女が初の映画出演で選んだ映画『バーレスク』とは。。。


セクシーでゴージャスなショーを繰り広げる大人のためのエンタテイメントクラブ“バーレスク”を舞台に、田舎娘のアリ(クリスティーナ・アギレラ)が、美しい歌声を武器にスターに駆け上るシンデレラストーリー。アギレラの抜群の歌唱力はもちろん、シェールとの2人の豪華歌姫の共演で魅せるミュージカルシーンも話題。
今回の来日イベントでは、『バーレスク』をイメージした舞台を再現し、セクシーでゴージャスなショーが開かれる予定。12月18日に30歳の誕生日を迎えるアギレラだが、日本での『バーレスク』の公開日が彼女の誕生日に決定しており、今回の来日はファンにとっても彼女にとっても一足早い誕生日プレゼントになるかもしれない。
“バーレスク”それは大人のためのセクシーな社交場
“バーレスク”それは女の子がスターになる夢を実現できる場所
“バーレスク”それは、仲間と永遠のきずなをつなぐ安息の地
シンデレラになりたかった少女が、都会でつかんだ本当の夢と“ガラスの靴”
田舎娘のアリ(クリスティーナ・アギレラ)は、その美しい歌声を武器にスターを夢見て単身ロサンゼルスに向かう。そこで彼女の心を奪ったのは、経営難にあえぎつつも、セクシーなダンサーがゴージャスなショーを繰り広げる大人のためのエンタテイメントクラブ“バーレスク”だった。
まずはクラブの大スターで経営者のテス(シェール)からウエイトレスの仕事をもらい、舞台へ上がるチャンスを狙うアリ。
生き残りを賭けて必死のテスと舞台監督のショーン(スタンリー・トゥッチ)は、アリの歌唱力とダンスの才能を見抜き、次世代のスターとして、アリを売り出す。このバーレスクで、アリは女性として、ショーガールとして輝きだしていく…
監督:スティーブ・アンティン
出演:クリスティーナ・アギレラ、シェール、クリスティン・ベル、スタンリー・トゥッチ、ピーター・ギャラガー他
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
『バーレスク』
12月18日(土)丸の内ルーブル他全国ロードショー
→『バーレスク』の記事を探す