MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

宮崎あおい、大竹しのぶ『オカンの嫁入り』第15回釜山国際映画祭レポート

現在大ヒット公開中の映画『オカンの嫁入り』が、10月12日(水)、アジア最大の映画祭・第15回釜山国際映画祭「A Window on Asian Cinema」部門にて上映されました。
上映に先立ち、本作に出演し、今回初めて釜山国際映画祭に参加した宮崎あおいさん、大竹しのぶさん、そしてデビュー作『酒井家のしあわせ』に続いての招待となった呉美保監督が大興奮のファンを前に舞台挨拶を行いました。
10月12日(火)16:30~
釜山市海雲台(ヘウンデ)釜山国際映画祭特設野外舞台にて


宮崎あおいさん:韓国に来るのは久しぶりです。食べ物もおいしく、みなさんにこうして温かく迎えていただいて、本当に来られてうれしいです。
『ヴァージン・スノー 初雪の恋』(2006年)で韓国人俳優のイ・ジュンギさんと共演しましたが、言葉は違うけれど、良い作品を作りたいという思いは共通なので、彼や監督、スタッフと意思疎通が取れるように、お互いの言葉を勉強したいと強く思いました。
この作品では、現場でディスカッションを数多く重ねました。監督とも何でも遠慮せずにぶつけられました。
この作品を見て、家族と一緒にいることは、当たり前のことのようだけれど、実はすばらしい奇跡なのだということを感じてもらえたらうれしいです。
大竹しのぶさん:映画を愛する人(私たち)が作ったこの映画が、海を越えてみなさんに見てもらえることがとてもうれしいです。作品を楽しんでください。
釜山映画祭は初めてですが、韓国には来たことがあります。
韓国ドラマも大好きでたくさん見ています。胸に残るセリフや共感できるセリフがたくさんあり、その国に来られて幸せです。
(司会者から日本を代表する実力派俳優と紹介されて、照れながら)私はお芝居が大好きなんです。
呉美保監督:
2回目の釜山国際映画祭に来られて本当にうれしいです。
デビュー作の『酒井家のしあわせ』に続いて家族を描く作品となったが、いろいろな人を見てその人のバックグラウンドを考えたり想像することが好きなので、”家族”は、これからも描き続けていきたいテーマなんです。
私の中では、ソウルは東京、釜山は大阪というイメージがあるので、大阪が舞台の『オカンの嫁入り』が釜山の人に共感してもらえるとうれしいです。
●『オカンの嫁入り』
月子(娘)と陽子(オカン)は、母ひとり子ひとりで仲良く暮らしてきた親子。ある日、陽子が酔っ払って若い金髪の男・研二を連れて帰ってくる。
「おかあさん、この人と結婚することにしたから」
あまりに突然のことに、とまどう月子は、とっさに部屋を飛び出してしまう。母に裏切られたという思いから、月子は陽子に対しても、研二に対しても頑なに心を閉ざすが、大家のサク、陽子の上司・村上ら月子と 陽子を家族同然のように見守ってきた周囲の者たちが、二人の間を何とかとりなそうと必死になる。しかしこの娘と母はそれぞれにある秘密を抱えており・・・。
第三回日本ラブストーリー大賞ニフティ/ココログ賞を受賞した咲乃月音の原作を、デビュー作『酒井家のしあわせ』でサンダンス・NHK国際映像作家賞2005日本部門を受賞した新鋭・呉美保監督、脚本により映画化。
監督・脚本:呉美保
原作:咲乃月音『さくら色 オカンの嫁入り』宝島社文庫
出演:宮崎あおい 大竹しのぶ 桐谷健太 絵沢萠子 國村隼 ほか
配給:角川映画
(c)2010「オカンの嫁入り」製作委員会
『オカンの嫁入り』
大ヒット公開中
→『オカンの嫁入り』の記事を探す