MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『死刑台のエレベーター』吉瀬美智子、阿部寛ほかが登場! 初日舞台挨拶のご報告

吉瀬美智子、阿部寛、玉山鉄二、北川景子、緒方明監督が登場!
『死刑台のエレベーター』初日舞台挨拶のご報告
あの人を殺して、私を奪いなさい。
愛のための完全犯罪。それは15分で終わるはずだった。
日本映画界で今、最高に旬な2人、吉瀬美智子と阿部寛が贈る、大人のための極上のミステリー『死刑台のエレベーター』。9日より全国公開しました。
10月9日(土)、本作品の公開を記念して初日舞台挨拶が角川シネマ新宿にて開催され、吉瀬美智子さん、阿部寛さん、玉山鉄二さん、北川景子さん、緒方明監督が登壇しました。


●『死刑台のエレベーター』初日舞台挨拶
日時:10月9日(土)
場所:角川シネマ新宿
登壇者:吉瀬美智子、阿部寛、玉山鉄二、北川景子、緒方明監督
吉瀬美智子さん、阿部寛さん、玉山鉄二さん、北川景子さん、緒方明監督が登場!!
映画を鑑賞されたお客様の前で公開初日を記念して舞台挨拶を行いました。
●ご挨拶
吉瀬: 今日は雨の中たくさんの方にお越し頂きありがとうございます。手都芽衣子役の吉瀬美智子です。短い時間ですが楽しんでいってください。
阿部:今日はありがとうございます。劇場のエレベーターにデザインされた(作品の)ポスターを見て複雑な気持ちになりました。(笑)楽しんでください。
玉山:皆さん観られたんですよね? 豪華なキャストの方々と一緒に、楽しく演じることができて幸せでした。良い作品に出会えたと思います。
北川: ちょうど一年前に撮影をしていました。こうして皆さんにお届けできてうれしいです。作品を観終わった後の皆様の前で挨拶をすることができてうれしく思います。
緒方: 他の作品もたくさん上映している中でこの映画を観に来ていただいた方は素晴らしい目の持ち主ですね。(笑)今日はありがとうございます。
●質疑応答
Q:印象的なアップのラストシーンについてお聞かせください。
吉瀬:オリジナル作品でも同じ終わり方ですし、アップで始まりアップで終わるというのは監督の強い希望でした。自分でもあんなにアップだとは思わなかったので驚きました。冒頭の「愛してる」という台詞の普段は言う事が無いので、監督と相談しつつ、あまり感情を込めないよう、クールに演じました。
阿部:撮影も最後の方でボロボロの状態の中、意識してお芝居してしまって…監督に抑えてくださいと言われてしまって…最初の「愛してる」という台詞も暑苦しかったみたいで、監督に上手くほぐしていただきました。
Q:オリジナル作品同様、アップで始まりアップで終わりますが、この演出はどう考えたのでしょうか?
緒方: 映画史にもあまりないチャレンジなので、しっかり引き継いでいこうと思いました。吉瀬さんだからできる事です。俳優さんが目立ってくれればいいと思います。最後の最後のカメラ目線で、美しくも恐ろしい視線を感じてもらえたらと思います。こんな美女と目を合わせるなんてなかなかできないですから。(笑)
Q:できあがった作品を観ていかがでしたか?
玉山:2時間沼に浸かっていたようで、見終わった後、しばらく立てなかったです。エンターテイメント作品が多い中、これぞ日本映画と言えるような作品だと思います。最初から心が壊れている異質な役で、後半は溢れる感情を表現できたらいいと思い、監督とも相談しながら演じさせていただきました。
北川:オリジナル作品とは設定が違うので、オリジナル作品を観ないで撮影に挑みました。初めに台本を読ませていただいた時は、激しい人だなと思い、監督と色々相談しながら進めました。ね?(笑)若さを象徴した役だと思うので、それを表現できていたらと思います。
Q:玉山さんと北川さんの演出についてお聞かせください
緒方監督:50年前に作られたフィクションなので…昔は若者が元気だったのに今はあまり元気がなくて、あと女性が強くなりましたよね。そういう若い人たちの気分を上手にやってもらうと困るんです。玉山さんと北川さんの感情を出すシーンは、ワンカットでずーっと撮影した最後の部分を実は使っています。
北川:(そのシーンは)楽しかったです。リアルにするにはどうすればいいのか考えました。
阿部:魅力的な女性がいて、憎むべき上司がいて、時籐という真面目な人間がどんどん破滅に向かっていく。歯車が狂って崩れていくことは誰でもあると思うのですが、エレベーターの中という象徴で表現できないかと思って演じました。
●メッセージ
吉瀬:ジャンヌ・モローの役をやれて本当に幸せです。今日リメイクを観て、帰ってオリジナルを観て、またリメイクを観ていただいて何度も劇場に足を運んでいただきたいです。
阿部:サスペンスの面白いところはイライラして、ハラハラして映画の中に入り込んでいくところだと思います。この作品を成功させたいので力を貸してください。
玉山:友達、家族、愛人と(笑)またいらしてください。
北川:自分が出ている作品の中で初めて観客としてストーリーに引き込まれていきました。サスペンスの結末よりも過程に引き込まれていくのがこの作品の魅力だと思います。これは観た方にしか分からないと思うので、ぜひ周りの方に面白かったと伝えてほしいです。
緒方監督:映画史に残る傑作をリメイクするというのはプレッシャーがありました。日本を代表する俳優がたくさん出ています。今日来ている4人は美男美女ですが、映画の中では全員犯罪者ですからね(笑)。でも、そういう映画を観られるということは贅沢だと思いますし、自信があります。
●映画『死刑台のエレベーター』作品情報
ヌーベルバーグの鬼才ルイ・マルの鮮烈なデビュー作にして最高傑作と謳われる『死刑台のエレベーター』。その映画のリメイクが、世界で初めて日本で実現しました。
主演は今最高に旬な2人、吉瀬美智子と阿部寛。愛の欲望に運命を狂わせ、もがき、さまよう男女の姿を、身もだえするほどの心理描写で熱演。さらに、若手演技派の玉山鉄二、そして人気急上昇の北川景子が、もうひとつの殺人事件に手を染めるカップルを鮮烈に演じます。監督は『独立少年合唱団』『いつか読書する日』など国際的に評価の高い緒方明。哀感漂う映像美、クールな音楽、スリリングなストーリー、そしてエキゾチックな都市の息づかい・・・。それらがスクリーンの緊張を高め、予期せぬ衝撃の結末へと観客を誘っていく。愛のための完全犯罪、そして、破滅に向かう愛の行方を描いた極上のミステリーが、ついに幕を開ける!!
●ストーリー
「もう離れない。だからやるのよ。終わったら車で来て。私は隣に乗る。
そしてずっと一緒。ずっと一緒。」
医療グループの社長夫人・手都芽衣子(吉瀬美智子)は若く魅力的な医師・時籐(阿部寛)と不倫関係に落ち、年の離れた夫を自殺に見せかけ殺害し、二人での逃亡を企てていた。芽衣子は計画に必要なものをすべて手配し、後は時籐が実行するだけ。当日、芽衣子は、約束のカフェで時籐を待っていた。しかしいつまでたっても彼は現れない。携帯も通じず、苛立ち始める芽衣子の目の前を通り過ぎたものとは、信じられない光景だった。すべてが順調に進み、完全犯罪となるはずだった彼女を待ち受ける運命は?
キャスト:吉瀬美智子 阿部寛 玉山鉄二 北川景子 平泉成 りょう/津川雅彦/柄本明
監督:緒方明(『独立少年合唱団』<第50回ベルリン国際映画祭アルフレート・バウアー賞>、『いつか読書する日』<第29回モントリオール世界映画祭審査員特別賞>他受賞多数)
音楽:Youki Yamamoto/ギター演奏:渡辺香津美
主題歌:「ベッドタイムストーリー」Jazztronik feat. YUKI(Knife Edge / PONY CANYON)
配給:角川映画
オリジナル作品:フランス映画「死刑台のエレベーター」(ルイ・マル)
(C)2010「死刑台のエレベーター」製作委員会
『死刑台のエレベーター』
角川シネマ新宿ほかにて大ヒット上映中!
→『死刑台のエレベーター』の記事を探す