MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『ソーシャル・ネットワーク』全米初登場No.1! 全米批評家大絶賛!

全米初登場No.1!! 批評家大絶賛!
デヴィッド・フィンチャー監督最新作
『ソーシャル・ネットワーク』
●全米メディア大絶賛!!!
今世紀を代表する1本が遂に出た!
 ピーター・トラバース ローリングストーン誌
☆☆☆☆!
ジェシー・アイゼンバーグとアンドリュー・ガーフィールドは、ライバルとなっていく友達同士をすばらしいケミストリーで演じている。
アーロン・ソーキンの知的脚本を、デヴィッド・フィンチャーが切れの良い演出で最高の作品に仕上げている。 必見!!
 マーシャル・ファイン STAR誌
知的で濃密、一時も目が離せない壮大なドラマ。
野望とエゴと自滅の古典的ストーリーでありなが、まさにいまの時代を映している。
繰り返し観たくなる作品。
 クリスティ・レミール AP


思慮深くウィットに富んだエンターテイメント。
ソーキンとフィンチャーは、お互いを引き立てあうために生まれたような素晴らしいパートナーだ。
『ソーシャル・ネットワーク』はハリウッドの偉大な才能が見事なコラボレーションを遂げたときの魔法を、観客に観せてくれる。
 イーサン・アルター フィルム・ジャーナルインターナショ紙
監督と脚本家の稀にみる繊細なマリアージュにより、今年最も刺激的な作品が完成した。
 マイケル・フィリップ シカゴ・トリビューン紙
『ソーシャル・ネットワーク』は、頭脳集団のサバイバルドラマにおけるダーウインの法則を、膨大な切れのある台詞の洪水によって描いている。
デヴィッド・フィンチャー(監督)、アーロン・ソーキン(脚本)、ジェシー・アイゼンバーグ、ヌーニー・マーラ、アンドリュー・ガーフィールド、そしてジャスティン・ティンバーレイク、全員の最高作だ。
 スティーヴン・ホールデン ニューヨーク・タイムズ誌
☆☆☆☆☆!
『ソーシャル・ネットワーク』は 、素晴らしいダイアローグ、複雑なシチュエーション、渾身の演技、そして、観客に委ねた時代性を伴ったエンディングで、映画本来の素晴らしさを我々に思い起こさせてくれる。
 ジョシュ・ロスコフ タイムアウト・ニューヨーク紙
『ソーシャル・ネットワーク』は“フェイスブック”の真実を、多面的に幾層にもわたって検証した素晴らしい作品だ。
完璧に近いフィンチャーのあらたなホームラン。
エモーシャナルな驚きに満ちた作品。
 エドワード・ダグラス カミングスーン誌
高いIQ作品で、観客に考えさせる。
この作品は、猛スピードのビデオゲームだ。
ただし、目と手を使うのではなく、耳と脳を要求する。
 リチャード・コロリス タイム誌
フィンチャーとソーキンが芸術品を作り上げた。
まさに今日的な作品。
 デヴィッド・デンビー ニューヨーカー誌
今年最高の1本!
IT時代の『ゴッドファーザー』だ!!
 フレッド・トペル スクリーンジャンキーズ.コム
素晴らしい!
『ソーシャル・ネットワーク』は、古典的悲劇の要素をE-メイル時代に置き換えて描いている。
ジャージーでサンダル履きの『リチャードIII世』。
レッドブル ビールを飲む『リア王』だ。
 スティーヴン・ウィッティ ザ・スター・レジャー誌
☆☆☆☆☆!
スーパームービー!!
 ジョー・ニューマイアー ニューヨークデイリーニュース紙
素晴らしい!
歴史的名作!!
 プレミア誌
傑作!!
オスカー確実!
アーロン・ソーキンの脚本の素晴らしい脚本に、ジェシー・アイゼンバーグの息づまる演技が、魂を吹き込んでいる。
 ジョーン・ウルフ パレード誌
☆☆☆☆!
ジェシー・アイゼンバーグは、その緻密な演技で、マーク・ザッカーバーグという誰もが知っていて知らない時代の人物の実像に迫った!
 アリンダ・ウィート ピープル誌
“今”の時代を定義したフィンチャーとソーキンの最高作。あまりのペースの速さに、すべてを確かめるためにもう一度観たくなる。
信じられないほどの完成度の芸術品。
 ジョシュア・ステッカー スクリプトマガジン
『ソーシャル・ネットワーク』のファーストシーンからあなたはスクリーンに釘付けになる。
デヴィッド・フィンチャーの最高作。
アーロン・ソーキンは、オーソン・ウェルズが『市民ケーン』でウィリアム・ランドルフ・ハーストを描いたように、この成功譚を芸術に仕上げた。
 サシャ・ストーン アワーズデイリー.コム
もし、この秋映画を一本観るのなら断然『ソーシャル・ネットワーク』!
あらゆる面においてオスカー間違いなし!!
これは21世紀の『市民ケーン』だ。
フィンチャーにとっては「セブン」以来の傑作!!
 スコット・マンツ アクセス・ハリウッド
最先端カルチャーをみごとに描き出した傑作
 マーク・ハリス ニューヨーク紙
フィンチャーが再び送り出した、こころに残る知的エンタテインメント!
 スコット・ファウンダス フィルムコメント
●作品解説:
世界最大のITソーシャル・ネットワーク、“フェイスブック”(facebook)をハーバード大学寮の一室から始めた19歳のマーク・ザッカーバーグ。
5億人の友達を創った男は、何を手に入れ、何を失ったのか。
2003年、ハーバード大学に通う19歳の学生マーク・ザッカーバーグは、親友のエドゥアルド・サヴェリンとともにある計画を立てる。それは、大学内で友達を増やすため、学内の出来事を自由に語りあえるサイトを作ろうというもの。閉ざされた“ハーバード”というエリート階級社会で、「自分をみくびった女子学生を振り向かせたい」そんな若者らしい動機から始めたこの小さな計画は、瞬く間に大学生たちの間に広がり、IT界の伝説 ナップスター創設者のショーン・パーカーとの出会いを経て、ついには社会現象を巻き起こすほどの巨大サイトへと一気に成長を遂げる。一躍時代の寵児となった彼らは、若くして億万長者へと成り上がっていく一方、最初の理想とは大きくかけ離れた孤独な場所にいる自分たちに気づくが……。
*ソーシャル・ネットワーク・サービス“フェイスブック”2010年7月、日本を含む全世界の登録者数が5億人を突破したと発表された。数年以内には、登録者数が10億人に到達するとも言われている。
本作のメガホンを取るのは、『エイリアン3』(1992)、『セブン』(1995)、『ゲーム』(1997)、『ファイト・クラブ』(1999)、『ゾディアック』(2007)など、次々に批評家とファンの注目となる作品を手掛け、『ベンジャミン・バトン 数奇な人生』(2008)ではアカデミー賞監督賞にノミネートされた鬼才デヴィッド・フィンチャー。
「インターネット時代のビル・ゲイツ」と呼ばれる“フェイスブック”創始者のマーク・ザッカーバーグを演じるのは、『ヴィレッジ』(2004)、『イカとクジラ』(2005)などに出演し注目を集める若手実力派俳優ジェシー・アイゼンバーグ。彼の親友のエドゥアルド・サヴェリン役を、「新スパイダーマン」として世界中が注目するアンドリュー・ガーフィルドが演じる。さらには世界中で大人気のグラミー賞受賞アーティスト、ジャスティン・ティンバーレイクも登場し、若手俳優たちの競演も見所の一つとなっている。
監督:デヴィッド・フィンチャー
出演:ジェシー・アイゼンバーグ、アンドリュー・ガーフィールド、ジャスティン・ティンバーレイク、ルーニー・マーラ ほか
原作:ベン・メズリック著「facebook 世界最大のSNSでビル・ゲイツに迫る男」(青志社)
全米公開:2010年10月1日
原題:The Social Network
配給:ソニー・ピクチャーズ エンタテインメント
『ソーシャル・ネットワーク』
2011年1月15日(土)丸の内ピカデリーほか全国ロードショー
→『ソーシャル・ネットワーク』の記事を探す