MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『キングス・スピーチ/ The King’s Speech』(原題)来春日本公開決定!

トロント映画祭最高賞(観客賞)受賞!
アカデミー賞に大きな一手!
9月19日(現地時間)に発表された、トロント映画祭最高賞(観客賞)を受賞した映画『キングス・スピーチ/ The King’s Speech』(原題)が来春日本公開決定しました。
現イギリス女王エリザベス2世の父ジョージ6世を主人公にした本作は、吃音症を抱えた内気なジョージ6世が、言語療法士の助けを借りて障がいを克服し、第2次世界大戦開戦にあたって国民を勇気づける見事なスピーチを披露して人心を得るまでを描く感動作。主演はコリン・ファース、ジェフリー・ラッシュ、監督はトム・フーパー。ヘレナ・ボナム=カーターが渾身的な妻を演じています。
トロント映画祭で上映されて以来早くから、アカデミー賞において、作品賞、監督賞、脚本賞、主演男優賞、助演女優賞など、あらゆる部門でノミネートの可能性がある作品として注目されてきた本作。トロント映画祭観客賞は、本当の観客が決めた市民による賞になり、昨年観客賞を受賞した映画『プレシャス』、その前の年は『スラムドッグ$ミリオネア』など、本映画祭で観客賞を受賞すると、アカデミー賞に向けての大きな弾みとなります。


●ストーリー
吃音に悩み、自らを否定し続けてきた英国王ジョージ6世。
全国民を前に、王の尊厳と誇りをかけた演説が始まる―。
2度の大戦を乗り越え、国民に「善良王」と慕われるにいたったジョージ6世が乗り越えた障がい。
彼を支えた妻エリザベスと、言語障がい専門医ライオン・ローグとの愛と深い絆を描く。
監督:トム・フーパー
出演:コリン・ファース『シングルマン』、ヘレナ・ボナム=カーター『アリス・イン・ワンダーランド』、ジェフリー・ラッシュ『シャイン』
配給:ギャガ
『キングス・スピーチ/ The King’s Speech』(原題)
2011年春 TOHOシネマズシャンテ他全国順次公開