MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

ブラッド・ピット製作、ニコラス・ケイジも出演『キック・アス』日本公開決定

『キック・アス』日本公開決定のお知らせ
ブラッド・ピット(プロデューサー)×ニコラス・ケイジ
全米初登場No.1! 驚愕のスーパーヒーロー日本上陸!
第3回したまちコメディ映画祭in台東の映画秘宝ナイト【9月16日(木)】日本プレミア上映では、チケット大好評につき完売、その期待度と関心の高さを見せつけた映画『キック・アス』が、とうとう日本で劇場公開されることが決定しました。
業界内や劇場関係者からも注目度が高く、配給元(カルチュア・パブリッシャーズユニット)には問い合わせが相次ぎ、はやくもプリント増産の検討に入るなど、うれしい悲鳴となっております。


※海外版予告編はこちらから→ 海外版HP:http://kickass-themovie.com
[配給元:カルチュア・パブリッシャーズユニット 宣伝プロデューサー 泉真人 コメント]
社内で劇場公開を決議した翌日に、どこから聞きつけたのか業界各社から問い合わせが殺到。
このようなことは初めてで、異様なほどの注目度に度肝を抜かれています。業界内外の『キック・アス』ファンが積極的に宣伝をはじめられていて、配給元より情報が早い場合も多く、嬉しい悲鳴をあげています。
また劇場側の応援も熱く、ポスターを一刻も早く掲出したいとの要望から、急遽海外版のポスターを入手し、劇場に掲出されることとなりました。
特殊能力ゼロ、モテ度ゼロ、体力微妙—
あるのは正義を愛する心だけ!
NYに住むデイブ(アーロン・ジョンソン)は、コミックオタクでスーパーヒーローに憧れる平凡な高校生。ある日、インターネットで買った自前のスーツとマスクで、自分も“DIYヒーロー”として街で活動を開始。何の特殊能力も持たない彼は、初出動のときにあっさり犯罪者にやられるが、その捨て身の活動がネットで話題になり“キック・アス”の名で一躍有名に。やがて高度な訓練を受けた美少女ヒーロー“ヒット・ガール”(クロエ・グレース・モレッツ)とその父”ビッグ・ダディ”(ニコラス・ケイジ)も仲間入りし、犯罪組織に立ち向かう!
全米初登場No.1!
新時代の等身大スーパーヒーロームービーが満を持して日本上陸!
監督は次回作”X-Men:First Class (原題)”も控えているマシュー・ヴォーン。プロデューサーにはブラッド・ピットが名を連ねる。出演は『ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ』で注目のアーロン・ジョンソン、『(500)日のサマー』のクロエ・グレース・モレッツが美少女ヒーローを熱演、そしてニコラス・ケイジがバットマン風コスプレで暴れまくる!
※ M.スコセッシの次世代ミューズ、“ヒット・ガール”のクロエ・グレース・モレッツの来日も予定しています。
●『キック・アス』作品情報
製作:マシュー・ヴォーン、ブラッド・ピット、クリス・サイキエル
監督:マシュー・ヴォーン
原作:マーク・ミラー、ジョン・S・ロミータ・Jr.
出演:アーロン・ジョンソン(『ノーウェアボーイ ひとりぼっちのあいつ』)、クロエ・グレース・モレッツ(『(500)日のサマー』)、クリストファー・ミンツ=プラッセ(『ヒックとドラゴン』)、ニコラス・ケイジ(『魔法使いの弟子』
2010/アメリカ・イギリス/117分/シネマスコープ/ドルビーSR・SRD/R15+
原題:KICK-ASS/字幕監修:町山智浩/字幕翻訳:松崎広幸
配給:カルチュア・パブリッシャーズ
(C)KA Films LP. All Rights Reserved.
『キック・アス』
12月18日(土)より、渋谷シネセゾン他全国順次ロードショー!
→『キック・アス』の記事を探す
→ブラッド・ピットの記事を探す
→ニコラス・ケイジの記事を探す