MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

トルナトーレ監督がシチリアに帰ってきた! 『シチリア!シチリア!』

『ニュー・シネマ・パラダイス』『明日を夢見て』『海の上のピアニスト』──
数々の名作を生み出したトルナトーレ監督の人生讃歌!
アカデミー賞を受賞し、日本でも記録的大ヒットとなった『ニュー・シネマ・パラダイス』で、全世界を感動の涙で包んだジュゼッペ・トルナトーレ監督。その後も『海の上のピアニスト』、『マレーナ』など名作を生み、名匠と称えられる彼は2007年、ローマで暴漢に襲われ生死の境をさまようという事件に見舞われた。改めて生きる喜びを実感した監督が、今一度故郷を舞台に自らの人生を重ね合わせて描ききったのが『シチリア!シチリア!』なのである。そう、いよいよトルナトーレが、シチリアに帰ってきたのだ!


●ストーリー
1930年代、イタリア、シチリアの田舎町に牛飼いの息子として生まれたペッピーノは、決して裕福ではないが、家族や愉快な街の人々に見守られて、充実した少年時代を送っている。チーズ3つと引き換えに農場に出稼ぎに行ったり、教科書をヤギに食べられたりもするけれど、「3つの岩山に一つの石を順番に当てると秘密の扉が開く」というおとぎ話のような言い伝えが残る豊かな自然の中で過ごすことや、時たま父親に連れて行かれる映画館で無声映画を観ることは、彼にとってかけがえのない時間であった。
やがて成長したペッピーノは、運命の女性、美しいマンニーナと燃えるような恋におちるが、家柄の違いや、ペッピーノの政治的な活動のせいで引き裂かれてしまう。それでも愛し合う二人は、逆境を乗り越え、自分たちの夢へ向かって歩き出すのだが、世の中は不穏な時代に突入する…。激動のイタリア、シチリアを舞台に、ある家族とそれを取り巻く人々の愛と夢のドラマを壮大なスケールで描いた感動作。
配給・宣伝:角川映画
『シチリア!シチリア!』
お正月、シネスイッチ銀座・角川シネマ新宿にて感動のロードショー
→『シチリア!シチリア!』の記事を探す