MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『冷たい熱帯魚』ヴェネチアに続き、トロントでも賞賛の声!!

来年日活配給作品 園子温監督最新作『冷たい熱帯魚』が開催中の第35回トロント国際映画祭のヴァンガード部門にて現地時間12日(日)22:00から公式上映が行われ、園監督の舞台挨拶、観客とのQ&Aが行われました。500席の会場は早くからファンたちが押しかけ、満席の中での上映となりました。
園監督が登壇するとその熱気そのままに盛大な拍手が起こり、上映中は驚嘆と時に大きな笑い声も起こり、予想できない展開に観客は釘付けとなり、ヴェネチア映画祭に続き、海外で賞賛の声を受け続けております。
Q&Aでは実際に起きた幾つかの連続猟奇殺人からインスパイアされた作品だけあって、観客からは様々な質問が投げかけられました。


日時:9月12日(日)22:00~
場所:AMC(エーエムシー)
Q&A出席者:園子温監督
Q:日本での反応は?
園監督:まだ公開はしていないが、恐らくグッドがバッドがはっきり分かれる作品になるのではと思います。『自殺サークル』のときも賛否ありましたので、観客ひとりひとりがこの映画をどのように思うか楽しみです。
Q:シニカルなシーンなどが多く役者に演出する上で苦労したことは?
園監督:たとえば村田を演じたでんでんさんはもともとコメディアンをしていた方なので、ブラックジョークをしっかり理解していて、特に苦労はしませんでした。1月の寒さの中で血しぶきを浴びての芝居は大変だったと思う。
Q:ラスト20分の衝撃的なシーンはどういって発想したのですか?
園監督:こういうタイプの映画は一回でも手加減をして、やさしさを出してはクリアにならない部分がでてきてしまうので徹底的に心を鬼にしてやりました。『愛のむきだし』はポップな愛についての作品だったので、今回はまったく逆のことをやりたかった。
千葉プロデューサーのコメント:
ヴェネチアと同じくトロントでも大きい会場でたくさんのお客さんが来てくれてとてもうれしい。内容は多少ショッキングではあるが、それだけではないこの映画にある笑い、哀しみだったりする本質の部分にもしっかりお客さんが反応してくれ、この映画を普通に楽しんでくれました。また園子温人気の高さを改めて実感しました。上映後に一気に増える取材依頼がを作品、監督の存在を証明していると感じます。
●『冷たい熱帯魚』(英題:「COLD FISH」)作品紹介
家庭不和の中、熱帯魚屋を営む主人公が、ある日出会った同業者の手伝いを行ううちに、想像を絶する猟奇殺人事件に巻き込まれていく…。
監督・脚本:園子温『自殺サークル』、『愛のむきだし』『ちゃんと伝える』
主演:吹越満
出演:でんでん 黒沢あすか 神楽坂恵 梶原ひかり
製作・配給・宣伝:日活
トロント国際映画祭 ヴァンガード部門について
数ある部門の中でも新しい才能の発掘を目的とした部門で、日本作品では大ヒットを記録した『告白』(中島哲也監督)も同部門に出品している。
『冷たい熱帯魚』
2011年 正月第二弾 テアトル新宿ほか全国順次ロードショー
→『冷たい熱帯魚』の記事を探す