MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『アイルトン・セナ ~音速の彼方へ』聖地・鈴鹿にてジャパン・プレミア開催決定!

『アイルトン・セナ ~音速の彼方へ』
聖地・鈴鹿にてジャパン・プレミア開催決定!
ゲストに佐藤琢磨選手が来場!
世紀のカリスマドライバー、アイルトン・セナ初のオフィシャル・ドキュメンタリー映画『アイルトン・セナ ~音速の彼方へ』〔東宝東和配給 10月8日(金)公開〕のジャパン・プレミア試写会が10月7日(木)、鈴鹿サーキットにて開催されることが決定した。
鈴鹿は、アイルトン・セナが獲得した3度のワールドチャンピオンすべての決定の地であり、数々の記憶に残る名勝負を繰り広げた、セナを語る上では欠かせない思い出のサーキット。生誕50年を記念して製作された本作としては、最もふさわしい場所での開催となる。


ゲストには、F1で大活躍し今シーズンはインディーカーシリーズに参戦している佐藤琢磨選手が決定。「1987年・鈴鹿でのセナの走りに感激してレーサーを志した」という琢磨選手が、聖地・鈴鹿でセナへの想いを語る。
●『アイルトン・セナ ~音速の彼方へ』ジャパン・プレミア試写会詳細
開催日:2010年10月7日(木)
場所:GPスクエア「BRIDGESTONE SUPPORT STAGE」
ゲスト:佐藤琢磨選手(予定)
参加資格:10月7日(木)当日に、鈴鹿サーキット入場者の中から抽選で500人招待
・スケジュール(予定):
 18時 開場
 18時30分~ ゲストトーク
 18時45分~ 本編上映
※上映終了は20:33、全イベント終了は20:45の予定です。
※ジャパン・プレミア試写会の詳細は、鈴鹿サーキットオフィシャルサイトをご参照ください →http://www.suzukacircuit.jp/f1/f1week/senna.html
●『アイルトン・セナ ~音速の彼方へ』
「世界最速」の記憶が、大スクリーンを駆け抜ける。
F1ドライバーとして3度のワールドチャンピオン獲得。華麗なドライビング・テクニックと激しい闘志で全世界を熱狂させたスーパースター、アイルトン・セナ。
生誕50年にあたる今年、遺志を受け継いだアイルトン・セナ財団と、フォーミュラ・ワン・アドミニストレーションの全面協力のもとに、初のオフィシャル・ドキュメンタリー映画が完成。華々しい経歴と、その栄光の影でチームメイト、アラン・プロストとの確執やFISA会長の政治的圧力に苦悩する日々が描かれる。
各国メディアから提供された大迫力のレース映像、オンボード・カメラ、貴重なプライベート映像、未公開映像の数々。
そして、ロン・デニスやフランク・ウィリアムズなどのF1関係者やセナの家族の証言をもとに、通常のドキュメンタリーとは全く異なる手法で、世紀のカリスマ・ドライバー“アイルトン・セナ”の熱き想いが、1つの物語としてドラマチックに紡がれていく。
原題:SENNA
監督:アシフ・カパディア
脚本:マニッシュ・パンディ
出演者(主な登場人物、声の出演):
アイルトン・セナ、アランプロスト(F1ドライバー)、ジャン=マリー・バレストル(FISA会長)、ロン・デニス(マクラーレン・チーム監督)、フランク・ウィリアムズ(ウィリアムズ・チーム代表)、ネイジ・セナ(実母)、ミルトン・ダ・シルバ(実父)、ヴィヴィアーニ・セナ(実姉)、シド・ワトキンス(F1ドクター)、パトリック・ヘッド(ウィリアムズ・チーフエンジニア)、リチャード・ウィリアムズ(スポーツ・ライター)ルーベンス・バリチェロ(F1ドライバー)、マーティン・ドネリー(F1ドライバー)、ローランド・ラッツエンバーガー(F1ドライバー)、ジェームス・ハント(F1ドライバー)、ジャッキー・スチュワート(F1ドライバー)、今宮純(解説者)、三宅正治(フジテレビアナウンサー)、川井一仁(リポーター)、アドリアーネ・ガリステウ(恋人)ほか多数
本作の興行収入の一部は、貧しい子供たちに対する援助活動を行っているアイルトン・セナ財団に寄付されます。
『アイルトン・セナ ~音速の彼方へ 』
10月8日(金)より TOHOシネマズ六本木ヒルズ ほか全国ロードショー
→『アイルトン・セナ ~音速の彼方へ』の記事を探す