MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『オカンの嫁入り』第15回釜山国際映画祭出品決定

9月4日より公開となりました『オカンの嫁入り』が第15回釜山国際映画祭に出品が決定しました。
●ストーリー
一緒にいられたら、それでいい。
月子(宮崎あおい)と陽子(大竹しのぶ)は、母ひとり子ひとりで仲良く暮らしてきた親子。ある日の深夜、陽子が酔っ払って若い金髪の男・研二(桐谷健太)を連れて帰ってきて、「おかあさん、この人と結婚することにしたから」と突然の告白。あまりに突然のことにとまどう月子は、あっけらかんとした陽子の態度が許せず、とっさに家を飛び出してしまう。当たり前のように続いていた母娘の日常が突然崩れ出して・・・。


第三回日本ラブストーリー大賞ニフティ/ココログ賞受賞の原作を、デビュー作『酒井家のしあわせ』でサンダンス・NHK国際映像作家賞2005日本部門を受賞した新鋭・呉美保監督、脚本により映画化。
監督・脚本:呉美保
原作:咲乃月音「さくら色 オカンの嫁入り」(宝島社文庫)
宮崎あおい 大竹しのぶ 桐谷健太 絵沢萠子 國村隼 ほか
(C)2010「オカンの嫁入り」製作委員会
『オカンの嫁入り』
9月4日(土)より全国ロードショー
→『オカンの嫁入り』の記事を探す
→宮崎あおいの記事を探す
→大竹しのぶの記事を探す