MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

あの名曲が甦る。映画『クレイジーズ』の予告がついに解禁!

【感染源:飲み水 症状:凶暴(クレイジー)化】あの名曲が甦る。
映画「クレイジーズ」の予告がついに解禁!
あなたの友人も、家族も、恋人も一杯の水で凶暴(クレイジー)になる「感染封じ込め」開始 —- 何が起きている? 生き残れるか?
出口なしの男女4人、「狙われた町」からの脱出劇!!
ジョージ・A・ロメロ監督が『ゾンビ』(1978)の前に作り上げた幻の傑作『ザ・クレイジーズ/細菌兵器の恐怖』(1973)をもとに、『バイオハザード』『28日後』『アイ・アム・レジェンド』を経て作られた「最新型感染サバイバル映画」の決定版、『クレイジーズ』の予告編が公式HPにて解禁となりました。


予告映像の中には、飲み水に混入した謎のウィルスが原因で、徐々に異変をきたし狂暴化する一般市民の姿や、政府によって封鎖された田舎町から脱出を試みる男女4人の姿が鮮烈に描かれている。
予告編で使われているゲイリー・ジュールズ(Gary Jules)の名曲「マッド・ワールド(Mad World)」は、カルト的な人気を誇る映画『ドニー・ダーコ』(2001)のサントラ収録曲。映画がDVDになってから人気に火がつき、2003年のクリスマスに全英シングルチャートで1位に輝いた。見慣れた風景が狂気に満ちた町に変貌していく姿を綴った歌詞が、美しいスローバラードに乗せて強い印象を残す。
オフィシャルサイトがオープンしました!

http://crazies.jp

第23回 東京国際映画祭 特別招待作品
●作品内容
細菌兵器を乗せた軍用機が、ある小さな町の川に墜落した。漏れ出したウィルスにより水を飲んだ人々は次々と凶暴化、平和な町はパニックに陥る。軍は事件を秘密裏に処理するため、住民を隔離し始める。保安官デヴィッドの妻も感染者とみなされ隔離されてしまった。彼は妻を助け出し、同僚のラッセルと共に町を離れようと決意する。潜伏期間は48時間。元は友人なのに凶暴化して襲いかかってくる感染者、大量の武器で町全体の焼却を迫る軍隊。果たして彼らは、この「狙われた町」から脱出できるのか…!?
単に「生き残り」と「感染者」の対決だけでなく、「感染者も正常者もすべて証拠隠滅」と軍隊が町全体を包囲する様が壮大なスケールで描かれ迫力十分。息つく間もない展開に冒頭からラストまでスクリーンにクギ付けになる!
●作品データ
ティモシー・オリファント『ヒットマン』『ダイ・ハード4.0』
ラダ・ミッチェル『サロゲート』
ジョー・アンダーソン『アクロス・ザ・ユニバース』
ダニエル・パナベイカー『13日の金曜日』
監督:ブレック・アイズナー『サハラ 死の砂漠を脱出せよ』
製作総指揮・オリジナル脚本: ジョージ・A・ロメロ『ゾンビ』
2010年/アメリカ/カラー/SRD・SDDS・DTS/スコープサイズ/101分/日本語字幕:中川綾 [PG-12]
サウンドトラック:ランブリングレコーズ
提供:ハピネット、ショウゲート
配給:ショウゲート
宣伝:マンハッタンピープル
(C)2010 Overture Film, LLC ALL RIGHTS RESERVED.
『クレイジーズ』
11月13日(土)より、池袋シネマサンシャイン、TOHOシネマズ 六本木ヒルズほか全国ロードショー
→『クレイジーズ』の記事を探す
→ジョージ・A・ロメロの記事を探す