MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

タランティーノVS清水崇 W審査員・対決!? ヴェネチア映画祭3Dアワードはどの作品に?

第67回ヴェネチア国際映画祭 3Dアワード、今年の行方は?
『戦慄迷宮3D』イタリア・プレミア上映決定!!
9月1日からいよいよ開幕するヴェネチア国際映画祭の最後のトピックスが届いた。
映画祭の新しい試みとして、世界的に躍進中の“3D”というジャンルを最も早く取り込み、昨年より開設された「3D映画部門」。その部門で競われる「ヴェネチア3Dアワード」の本年度の審査委員長に清水崇が映画祭の主催者マルコ・ミューラーから指名を受けた。
清水はすでに昨年の映画祭で、アジア圏初のデジタル3D映画(『戦慄迷宮3D』)を監督した功績により、「ヴェネチア3Dアワード」のサプライズ・スペシャルプレゼンターとしての任を受け、グランプリ受賞者のジョー・ダンテ(『グレムリン』)にトロフィーを手渡した。「“呪怨”から“グレムリン”へ! いま最先端の飛び出す映画、日米の旗手から旗手へ」と話題をさらった。


その世界的な話題に、あらためて映画祭側から、今年は“審査委員長”として招待を受けたのだ。
3D審査作品は十数本。この一年間で公開された、『アバター』『アリス・イン・ワンダーランド』『ヒックとドラゴン』『タイタンの戦い』『トイ・ストーリー3』『エアベンダー』『シュレック・フォーエバー』『Disney’sクリスマス・キャロル』『ファイナルデッドサーキット』『スパイアニマルGフォース』『キャッツ&ドッグス 地球最大の肉球大戦争』、などがエントリーされ、最終選考を清水崇が現地で行う。
奇しくも映画祭本選の“審査委員長”は、自身も『呪怨』のファンを公言するクエンティン・タランティーノ。今年の映画祭の顔、この二大審査委員長が、それぞれどんな個性で、それぞれのフィールドで作品を選出し、激突するのか!? 今年のヴェネチアは、そういった意味でもかつてないスリリングさを持ち、予測不可能だ。
3Dセレモニーは、映画祭閉会式の前日に当たる9月10日。セレモニー後、清水崇監督作『戦慄迷宮3D』もイタリア・プレミアとして、本年度「特別招待作品」として上映されることが決定した。
三池崇史監督作『十三人の刺客』、トラン・アン・ユン監督作『ノルウェイの森』のコンペ作品勢と共に、本年度日本映画唯一の特別招待作品として清水崇監督作『戦慄迷宮3D』は、今年のヴェネチアの“日本映画・三大出品作”としても躍り出ることとなった。
日本映画初のハリウッド【トリオスコピクス3D方式】を導入した3D‐DVD大好評 絶賛発売中!!
『戦慄迷宮 3Dプレミアム・エディション【初回限定生産】』
4,935円(税込)/ACBD-10785/2009年日本/本編95分(2D&3D)/カラー/Disc1(2D本編+特典映像)
発売:アスミック
販売:角川映画
(C)ショック・ラビリンス・フィルム・コミッティ2009
→『戦慄迷宮』の記事を探す
→清水崇の記事を探す
→タランティーノの記事を探す