MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『ヒックとドラゴン』オードリーが大空を舞う!!夏祭りプレミアイベント開催

『ヒックとドラゴン』
オードリーが大空を舞う!!
夏祭りプレミアイベント開催
8月7日(土)から公開となった『ヒックとドラゴン』。この日本公開直前に、本作の宣伝キャプテンを務めるオードリーさんが新宿ステーションスクエア、新宿ピカデリーにて夏祭りプレミアイベントが行いました。
新宿アルタ前のステーションスクエアで、オードリー 春日さんは、傷付いたドラゴンの“トゥース”に、そして若林さんは主人公のバイキング“ヒック”に扮して登場しました。


“トゥース”春日さんは、黒いドラゴンの衣装(制作費100万円、製作日数1ヵ月、重さ5キロ)という出で立ちで登場。4000人以上の観衆で賑わう新宿ステーションスクエアに大きな歓声が上がりました。
イベントのクライマックス、はっぴ姿の大勢の子供達から「がんばれ~!!」の掛け声が上がると、一気に2メートルの高さまで傷ついたドラゴン“トゥース”の春日さんが浮き上がり、同時にアルタビジョンでは春日さんが日本中の名所(スカイツリー、清水寺、金閣寺、都庁や世界遺産など)を飛ぶシーンが写し出されました。また、その後、新宿ピカデリーでは、3Dで『ヒックとドラゴン』の上映が行われ、夏休み中という事もありたくさんのご家族連れで会場は熱気と感動に包まれました。
●『ヒックとドラゴン』
3月26日に全米公開されるや『アリス・イン・ワンダーランド』を抑えて初登場No.1を樹立、さらには、全米公開5週目に1位に返り咲くという快挙を果した『ヒックとドラゴン』。7週連続で興行チャートのトップ3入りするなど、作品の評価の高さと口コミで、驚異的なロングラン大ヒットとなり、急遽続編の製作も決定しました。
世界中を感動に包み込んだ『リロ&スティッチ』の監督による待望の最新作。弱虫なバイキングの少年“ヒック”と傷付いたドラゴン“トゥース”の友情を描いた、この夏一番の感動ファンタジー超大作。
監督・脚本:ディーン・デュボア、クリス・サンダース『リロ&スティッチ』
製作:クリスティン・ベルソン
原作:クレシッダ・コーウェル
声の出演:ジェラルド・バトラー、アメリカ・フェレーラ、ジェイ・バルチェル
ドリームワークス アニメーションSKG提供
配給:パラマウント ピクチャーズ ジャパン
『ヒックとドラゴン』
8月7日(土)新宿ピカデリー他 全国超拡大ロードショー
→『ヒックとドラゴン』の記事を探す
→3Dアニメの記事を探す