MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

木村拓哉×蒼井優×浅野忠信『REDLINE』初日決定!

製作期間7年、作画枚数10万枚。CG全盛の時代に、背景までも手描きにこだわった究極のアニメーション映画『REDLINE』が10月9日(土)に全国公開することが決定しました。
コンピューターでは計算できない手描きならではの「誤差」と「歪み」が刺激的な世界を作り出す本作。監督は『アニマトリックス”World Record”』で、世界デビューを果たした小池健。「SmaSTATION!!」の”スマアニメ”なども担当し「最も刺激的な映像作家」として注目を集める。
原作は『鮫肌男と桃尻女』『茶の味』の石井克人。彼の才能にタランティーノも惚れ込み、『キル・ビル Vol.1』では、アニメパートを担当。


脚本は『フリクリ』『新世紀エヴァンゲリオン』の榎戸洋司、『攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX』の櫻井圭記と石井が共同開発。
制作は『パプリカ』『時をかける少女』『サマーウォーズ』のマッドハウス。今まで経験したことのない<体感型>のアニメーションが誕生しました。
また、このプロジェクトに賛同した、トップアーティストがボイスキャストとして参加! ドでかいリーゼントに革ジャンでクールに決めるが、実はとってもシャイなウルトラ純情野郎の主人公JPに扮するのは、木村拓哉。夢を追いかける想いは誰にも負けない! 実はJPの初恋の相手 ソノシー役には、蒼井優。JPの幼馴染で天才メカニック、不本意ながらもJPを裏切る立場に葛藤する哀愁漂う男 フリスビーを演じるのは、浅野忠信。世界が認めた天才クリエイターたちが集結し、アニメの常識を覆す究極のプロジェクト<REDLINE>が遂に始動します。
●ストーリー
遠い遠い未来の話。
宇宙最速を決める5年に一度の祭典<REDLINE>がいよいよ開幕!
見た目はリーゼントに革ジャンでクールに決めるが、実はとってもシャイなウルトラ純情野郎のJP。彼は初恋の女性ソノシーをふり向かせる為に走り続けていた。<REDLINE>はルール無用で、勝つためなら武器搭載もOKの命がけのレース。さらに今回の開催地は史上最悪と呼ばれる軍事国家“ロボワールド”に決まった。
辞退者続出するなか、JPとソノシーは出場を決める。そして、運命を分けるレース当日。幼馴染の天才メカニック フリスビーによって最高の車が用意された。しかし、そこには爆弾が仕掛けられていた。フリスビーは訳あって八百長レースに関わっていたのだ。そんな状況を知りながらもJPはかまわずアクセルを踏む!
そして、ロボワールドでは<REDLINE>開催を阻止するため、出撃命令が下された。
ソノシーへの想い、フリスビーの葛藤、ロボワールドの妨害。
絡み合う運命をJPがぶっちぎる!
●声の出演
木村拓哉/蒼井優 我修院達也/岡田義徳/津田寛治/森下能幸/AKEMI 青野武/廣田行生/石塚運昇/三宅健太/石井康嗣/チョー/堀内賢雄 浅野忠信
●スタッフ
監督:小池健
原作・脚本・音響監督:石井克人
製作:二宮清隆
企画:丸山正雄
エグゼクティブプロデューサー:福島正浩
プロデューサー:吉田健太郎、小池由紀子
アソシエイトプロデューサー:木村大助
脚本:榎戸洋司、櫻井圭記
音響監督:清水洋史
音響効果:坂本典之
整音:丸井庸男
音楽:ジェイムス下地
アニメーション制作:マッドハウス
支援:文化庁
配給:東北新社
宣伝:KICCORIT/アルシネテラン
2010年/カラー/102分
(c)2010 石井克人・GASTONIA・マッドハウス/REDLINE委員会
『REDLINE』
10月9日(土) 新宿バルト9他 全国公開!
→『REDLINE』の記事を探す
→木村拓哉の記事を探す
→蒼井優の記事を探す
→浅野忠信の記事を探す
→アニメの記事を探す