MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『宇宙ショーへようこそ』史上最長!! 劇場公開を前に本編冒頭22分地上波で放送!

アニメーション界で注目の実力派クリエイター・舛成孝二の劇場初監督作品となる、映画『宇宙ショーへようこそ』。公開前から世界三大映画祭のひとつベルリン国際映画祭のジェネレーション部門、そしてシドニー映画祭オフィシャル・セレクションへの出品を果たし、「奇跡の歌姫」スーザン・ボイルのオリジナル楽曲が主題歌となるなど、注目を集めています。
6月26日の公開を控え、作品本編をテレビ地上波にて、一部先行放送をすることが決定しました。
放送するのは、田舎の村に住む主人公の小学生5人が、ひょんなことから宇宙へ旅立つまでの、作品の導入部分。放送は22分となり、劇場公開前に本編を地上波で放送する時間は史上最長となります。


●本企画について
・アニプレックス 執行役員常務 勝股英夫
この映画は、原作を持たないオリジナル作品であることから、まずは事前に作品に触れてもらい、劇場へ足を運んでほしいという思いがありました。観てもらえれば、作品の出来が素晴らしいことが伝わると確信しているので、あえて「公開前に地上波最長放送」をすることで、作品を知るきっかけになることを期待しています。
・東京メトロポリタンテレビジョン 取締役編成局長 本間雅之
MXでは、以前よりアニメ編成に力を入れており、「アニメのMX」としての認知が定着しつつあります。そのような状況の中、注目の劇場映画を公開前に22分も放送するという試みに、ぜひ取り組んでみたいと思いました。
この放送によって多くの視聴者が作品を知り、劇場に向かうきっかけとなることを願っています。
●放送概要
『宇宙ショーへようこそ』公開直前! 冒頭ノーカット放映SP!
TOKYO MX 6月13日(日)24:00~/<再放送>6月16日(水)24:00~
※公開記念特別番組【祝公開!メイキング・オブ「宇宙ショーへようこそ」!】も放送!
6月20日(日)24:00~、<再放送>6月23日(水)24:00~、6月30日(水)24:00~
※CS放送アニマックスのオリジナル番組『創ったヒト』内でも公開直後に本編冒頭22分を放送!
6月26日(土)23:00~/6月27日(日)20:00~
●ストーリー
美しい自然に囲まれた小さな村、村川村。小学校の全校生徒はわずか五人。夏休み、恒例の子どもだけの合宿で学校に集まった子供たちは、裏山で謎の巨大なミステリーサークルと、その脇でケガをして横たわっていた一匹の犬を見つける。何と彼は犬ではなく、惑星プラネット・ワンからやって来た宇宙人だったのだ。はるか2100 万年光年の彼方から地球を訪れた彼、ポチの目的とは?
小さな村の子どもたち五人と一匹の宇宙人が繰り広げる宇宙最大の冒険がいま幕を開ける―。
監督:舛成孝二
脚本:倉田英之
キャラクターデザイン・作画監督:石浜真史
音楽:池 頼広
主題歌:スーザン・ボイル「フー・アイ・ワズ・ボーン・トゥー・ビー」(Who I Was Born To Be)(ソニー・ミュージックジャパンインターナショナル)
制作:A-1 Pictures
製作:「宇宙ショーへようこそ」製作委員会
配給:アニプレックス
(C)A-1 Pictures/「宇宙ショーへようこそ」製作委員会
『宇宙ショーへようこそ』
2010年6月26日(土)新宿バルト9、シネ・リーブル池袋、渋谷シネクイント、立川シネマシティほかにて 全国ロードショー
『宇宙ショーへようこそ』全国共通特別鑑賞券(数量限定 メタルポスター(A3サイズ)付)上映各劇場窓口、もしくは売店にて発売中!
→『宇宙ショーへようこそ』の記事を探す
→アニメの記事を探す