MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

『瞬 またたき』特別先行上映舞台挨拶のご報告

5月26日(水) 特別先行上映舞台挨拶in 大阪
北川景子、関西に「ただいま!」
Kの生歌に「鳥肌たっちゃいました!」
この度、磯村一路監督最新作、北川景子主演・岡田将生出演の映画『瞬 またたき』(S・D・P配給)が6月19日(土)新宿バルト9他、全国公開いたします。
公開に先駆けまして、5月26日(水)に大阪・梅田ブルク7にて特別先行上映舞台挨拶を実施しました。


イベント名:特別先行上映舞台挨拶
日時:5月26日(水)19:00~19:20
場所:梅田ブルク7[大阪市北区梅田]
客数:440人
登壇者:磯村一路監督、北川景子、岡田将生、K
●舞台挨拶レポート
映画『瞬 またたき』の特別先行上映が大阪市の梅田ブルク7で行われ、磯村一路監督、主演の北川景子(23)、岡田将生(20)、主題歌「会いたいから」を歌うKという豪華メンバーが舞台挨拶に登壇した。
ゲストが登壇するやいなや、400人以上からの大歓声が巻き起こった。
大阪での特別先行上映舞台挨拶ということで、たくさんの方が見に来てくれたことに対し、神戸出身で中学・高校は大阪の学校に通っていた北川は、「こんなにたくさんの人に来ていただけると思ってなかったのでうれしいです! 故郷に帰ってきた感じです!」というと、客席から「お帰り!」の声が飛び、さらにそれに対し、北川は「ただいま!」と叫び返した。
岡田は大阪について「仕事で何度か来るぐらいですが、たこ焼きが食べたい」と話した。
事故で恋人を失い、さらにそのショックで彼の最期の記憶までも失ってしまう主人公の泉美を演じた北川は「悲しいシーン、辛いシーンもあったけど、岡田君との楽しいシーンもあったから、気分転換をしながら撮影にのぞめた。岡田君と一緒にできてよかった。頼りにしてました。」と語った。
それに対し岡田が「もの凄いラブコールですね」と、二人が本当に仲良いという雰囲気を伝えた。
『詞が映画とすごくリンクしている』や『PVだけで泣ける』などとネット上でも話題になっている主題歌「会いたいから」についてKは、「去年の今頃から曲作りを始めて、5~6回映画を観て、台本も何度も読んで、映画とのコラボをすごく大切にしました。会えなくなった寂しさより、また今度出会えるかもしれない、楽しかった思い出とともに、前向きに進んでもらいたいっていうメッセージを込めて作りました。」と語った。
さらにKは、サプライズでピアノ弾き語りの生歌で主題歌を披露した。彼の美声が響き渡ると、さっきまでの歓声が一気に消え、会場中が聞き入る。北川、岡田、磯村監督も客席に座り、Kの歌声を聞いた。
披露後に、生歌の感想を聞かれると北川は、「この曲、CDはもらっていたのですが、生で聴いたのは初めてです! 鳥肌が立っちゃいました! 本当に聴いただけで映画の映像が流れてくるんです!」と、興奮冷めやらぬ声で語った。
公開まであと3週間ということで、最後にゲストはこう語った。
・北川:「この作品は、観る人の状況によって響くシーンやメッセージがあると思いますが、今の一瞬を大切にしよう! 今、自分にできることをしよう! 今、自分のまわりにいる人を大切にしよう!と思わせてくれる映画になっていると思います! 観終わった後はすがすがしい気持ちで帰れると思うので、惹きこまれてほしい」
・岡田:「切ないラブストーリーですが、希望もあります。主題歌にもある“ふとした優しさ”を映画の中でみせられたらと思います」
・K:「この映画と出会って、この映画は深いメッセージを教えてくれました。寂しい気持ちはみんな持っていると思うのですが、その後にある前向きな気持ちがあるというメッセージを感じてもらえたらと思います。」
最後まで歓声の鳴りやまない舞台挨拶に、後ろ髪を引かれる想いで会場を後にした4名だった。
●映画「瞬 またたき」概要
あなたは、一瞬で愛する人を守れますか?
何となく過ごしてしまっている毎日。 でも、“一瞬”の出来事で人生は大きく変わってしまうことがある。明日、大切な人と会えなくなってしまったら・・・。今できることは何なのか・・・。
普段からのそのような想いが、一瞬の咄嗟の行動にも表れるはず。 “空白の10分間”に隠されていた衝撃の“愛のカタチ”を目にした時、 大切な人との一瞬一瞬を、心から大切にしたいと感じることだろう。
主人公・泉美を演じるのは映画、ドラマと出演作が途切れない人気女優、北川景子。泉美を最初は突き放しながらも、放っておけない女弁護士・真希子に、実力派、大塚寧々。事故によって彼女の前から姿を消す恋人を演じるのは、今や人気、実力共にトップクラスに上り詰めた岡田将生。
監督は、日本映画界が誇る名匠・磯村一路(『解夏』『がんばっていきまっしょい』)。
原作は監督自ら惚れ込んだ河原れんの処女小説「瞬」。繊細で美しい映像描写と情感あふれる演出で奇跡のラブストーリーを紡ぎだします。
●あらすじ
失われた愛する人との最期の記憶
その“空白の10分間”に何が起きていたのか?
美大生の淳一と泉美は恋人同士。幸せな日々は、いつまでも続くはずだった。
ある日、バイクで花見に出かけた帰り、トラックとの衝突事故に遭い、 泉美だけが助かることに。 愛する人を失くしただけでなく、そのショックから事故当時の記憶までも失ってしまう泉美。
なぜ自分だけが無傷で助かったのか・・・。
あの時何が起こっていたのか・・・。
一人残された苦しみと闘いながらも、弁護士・真希子との出会いをきっかけに、 愛する人との最期の記憶を取り戻そうと、“空白の10分間”という事故の真相を辿っていく。
すると、そこには想像を絶するほどの事実と、極限状態の中で二人の本能的な行動が生んだ衝撃の“愛のカタチ”があった。
そして・・・。
北川景子 大塚寧々 岡田将生
史朗 永島暎子/深水元基 千崎若菜/田口トモロヲ 徳井優 森下能幸 ジョニー吉長/清水美沙/菅井きん
監督・脚本:磯村一路
原作:河原れん「瞬 またたき」(幻冬舎文庫)
主題歌:K「会いたいから」(Sony Music Records)
音楽:渡辺俊幸
製作プロダクション:アルタミラピクチャーズ
配給:S・D・P
宣伝協力:KICCORIT アルシネテラン
(C)2010「瞬」製作委員会
『瞬 またたき』
6月19日(土)新宿バルト9ほか全国ロードショー
→『瞬 またたき』の記事を探す
→北川景子の記事を探す
→岡田将生の記事を探す