MOVIEW SNS:facebook twitter YouTube google+

仲代達矢、徳永えりら登壇『春との旅』初日舞台挨拶

日本映画界を代表する名優が集結した話題作がいよいよ全国公開!
『春との旅』初日舞台挨拶のご報告
5月22日(土)、映画『春との旅』の初日舞台挨拶を新宿バルト9にて行われました。
【登壇者】仲代達矢、徳永えり、淡島千景、柄本明、美保純、小林政広監督
早くも「今年度邦画“ナンバーワン”」、「日本映画史に残る名作」との絶賛の声も高まる、日本映画界の新たな佳作『春との旅』が、5月22日(土)に全国60館で公開を迎えました。メイン館となる新宿バルト9 にて監督・出演者による舞台挨拶が行われました。


上映後舞台挨拶は、感動の余韻が残り、多くの観客が涙を拭うなか、豪快俳優陣への盛大な拍手と共に幕を開けました。満席の会場をみて、小林政広監督は開口一番、「掃除のおばさんしかいなかったらどうしようかと思った。自分の映画でこんなに(観客が)入ったのは初めてです。」と顔をほころばせました。
続いて足の不自由な老漁師・忠男を演じた主演の仲代達矢さんが「頑固でわがままなじいさんを演じた仲代です。」と、笑顔で挨拶、「この作品で上映後に挨拶をするのは初めてなので、(観客の反応が)怖いのですが、一生懸命作った作品なので、一人でも多くの方に観てほしい」と語りました。また、頑固で我儘な役柄を演じたことについて聞かれると、「私も頑固ですよ(笑)。本当は人のことを気にせずに自分が思うように生きたいが、やはり人に迷惑をかけないようにと思うと好き勝手にできないですよね。だからこそ今回は(普段できない分)おもいっきり、わがままに演じました。」と返答。忠男を演じるにあたって誰かモデルはいるのかと尋ねられると、「特に意識はしていなかったのですが、(演じてみて)既に他界した、私の母に似ているんです。とても自分勝手な人でした。この映画は母親への供養のような感じがします。」と、88歳で他界した、今は亡き母親の思い出を語りました。
忠男に振り回されながらも共に旅をする孫娘・春を演じた徳永えりさんは、撮影中のエピソードについて「(監督に誰とも口を聞いてはいけないと指示され)とても孤独でした。でも、出来上がった作品を観て(孤独だったことが)意味があったのだと確信しました。キャンペーンで各地をまわり、やっとみなさんにお届けできるのがうれしいです。」と語りました。役柄の特徴であるガニ股歩きが印象的だと尋ねられ、「もう完全に治りました。」と微笑む場面も。
温泉旅館を切り盛りする、忠男の姉・茂子を演じた淡島千景さんは「やっと監督の作品に出させてもらえました。私もたくさんの兄弟がいますが、この作品に出て兄弟って本当にいいもんだと思いました。厳しい姉を演じているので(役について)色々な評価もあると思いますが、かわいい弟の事を想ってのことなので、気持ちを汲んでもらえると嬉しいです。」とコメント。主人公の弟・道男を演じた柄本明さんは忠男との兄弟ゲンカのシーンについて聞かれ、「(仲代さんに)たくさんなぐられました(笑)。」と答えると、仲代さんは「(セリフで)あなたもひどいことを言いましたよ(笑)」と反論、それに対し柄本さんが「尊敬する仲代さんになぐられて、本当に光栄です。」と、和やかに大先輩との共演を振り返りました。
また、道男の妻・明子を演じた美保純さんは「最近ダイエットに成功したので、(劇中の外見とは)変わってると思います。もうすぐ50 歳になるのにまだミニスカとかはいてます。周りからはまだまだひよっこだと言われるのですが、これからもおばさんに見合う役を演じていきたいです。」と剽軽に返答。さらに主人公・忠男について、男としてどう思うかとの問いに、「後ろから抱きしめたいですね。でも、今日の仲代さんもロン毛でセクシーです。」と、仲代さんに対し熱い視線を送りました。
最後に、次回作への意欲を尋ねられた小林監督が「まだこの作品から抜けきっていないので、次回作はまだ未定です。どうか多くの人にこの作品を観てもらえるように願っています。」と答えると、仲代さんが「もし次の作品を作るなら、(『春との旅』が10 年越しの企画であるため)10年も生きられませんが、何の役でもいいから、また監督の作品に出たいです。」と再タッグへ意欲を示し、舞台挨拶を締めくくりました。
『春との旅』
5月22日(土)より新宿バルト9、丸の内TOEI(2)ほか全国ロードショー
→『春との旅』の記事を探す